ベストプラクティス

開発のベストプラクティスでは、AEM を可能な限り効率的かつ効果的に開発する方法を説明しています。AEM の様々な領域を対象としたトピックが順次追加されています。

次の領域について、開発のベストプラクティスに特有のドキュメントが提供されています。

  • WCM オーサリング/WCM 管理
  • コミュニティ
  • ツール/Sightly

管理、デプロイとメンテナンスまたはオーサリングのベストプラクティスについては、次のページを参照してください。

以降の表では、特定のドキュメントの説明とリンクを示します。

コミュニティ

AEM コミュニティを使用すると、オンプレミスコミュニティを簡単に作成および管理できます。コミュニティのベストプラクティスについて、ここで説明します。

コンポーネントガイド(開発者用) コミュニティコンポーネントガイド ソーシャルコンポーネントフレームワーク(SCF)のインタラクティブな開発
コミュニティコンポーネントのカスタマイズ コーディングのガイドライン SCF 用の柔軟性と移植性の高いコードを開発するためのガイドライン。

ツール/Sightly

Sightly は、AEM 6.0 で導入された新しい HTML テンプレートシステムです。JSP や ESP に代わって、AEM ではこのテンプレートシステムが優先されます。

Sightly の概要 Sightly の概要と構文 このドキュメントでは、Sightly とは何か、Sightly に移行する方法、サンプルプロジェクト、構文、式およびステートメントについて説明しています。
Java での API の使用 Sightly Java Use-API Sightly Java Use-API を使用すると、Sightly ファイルからカスタム Java クラスのヘルパーメソッドへのアクセスが可能になります。

WCM のオーサリングおよび管理

Web コンテンツ管理のオーサリングおよび管理には次のようなベストプラクティスがあります。

タッチ操作向け UI の理論

タッチ操作向け UI:概念

タッチ操作向け UI:構造

タッチ操作向け UI の概念および構造の概要を説明しています。
タッチ操作向け UI:コンソールのカスタマイズ タッチ操作向け UI コンソールのカスタマイズ タッチ操作向け UI 用にコンソールの最適な拡張方法について説明しています。
タッチ操作向け UI:ページオーサリングのカスタマイズ タッチ操作向け UI ページのオーサリングのカスタマイズ タッチ操作向け UI 用にページオーサリングを拡張する方法について説明しています。
​