Show Menu
トピック×

自動フォーム変換サービスの設定

このヘルプ記事では、AEM の管理者が自動フォーム変換サービスを設定して、PDF フォームを自動的にアダプティブフォームに変換する方法について説明します。 このヘルプ記事は、組織内の IT 管理者と AEM 管理者を対象としています。 具体的には、以下の操作に関する十分な知識があるユーザーを対象としています。
  • Adobe Experience Manager パッケージと AEM パッケージのインストール、設定、管理
  • Linux オペレーティングシステムと Microsoft Windows オペレーティングシステムの使用
  • SMTP メールサーバーの設定

このビデオを再生して(または以下の説明を読んで)、自動フォーム変換サービスの設定方法を確認してください

使用開始

AEM 6.4 Forms と AEM 6.5 Forms のオンプレミスユーザーと、Adobe Managed Service のエンタープライズユーザーは、自動フォーム変換サービスを無料で使用することができます。 変換サービスを使用する場合は、アドビのセールスチームまたはアドビの営業担当者に問い合わせてください。
お客様の組織で変換サービスを使用できるように設定し、組織の管理者に対して必要な権限を設定します。 必要な権限を設定された管理者は、変換サービスに接続するためのアクセス権限を、組織内の AEM Forms 開発ユーザーに付与することができます。

前提条件

自動フォーム変換サービスを使用するには、以下の条件を満たしている必要があります。
  • 組織内で自動フォーム変換サービスが有効になっていること
  • 変換サービス用の管理者権限が設定された Adobe ID アカウントが作成されていること
  • 最新の AEM サービスパックが付属した AEM 6.4 オーサーインスタンスまたは AEM 6.5 オーサーインスタンスが稼働していること
  • AEM インスタンス上の AEM ユーザーが forms-user グループのメンバーになっていること

環境の設定

変換サービスを使用する前の準備として、Adobe Cloud 上で稼働しているサーバーに AEM オーサーインスタンスを接続する必要があります。 このインスタンスの準備を行うには、以下の手順を上から順に実行します。

AEM 6.4 または AEM 6.5 をダウンロードしてインストールする

自動フォーム変換サービスは、AEM オーサーインスタンス上で稼働します。 AEM オーサーインスタンスを設定するには、AEM 6.4 または AEM 6.5 が必要です。 AEM が稼働していない場合は、以下の場所から AEM をダウンロードしてください。
AEM をダウンロードしたら、「 デプロイメントと保守 」の説明に従い、AEM オーサーインスタンスの設定を行ってください。

最新の AEM サービスパックをダウンロードしてインストールする

最新の AEM サービスパックをダウンロードしてインストールしてください。 詳しい手順については、 、「 AEM 6.4 サービスパックリリースノート 」、「 AEM 6.5 サービスパックリリースノート 」のいずれかを参照してください。

AEM Forms アドオンパッケージをダウンロードしてインストールする

AEM インスタンスには、基本的なフォーム機能が付属しています。 変換サービスを使用するには、AEM Forms のすべての機能が必要になります。 AEM Forms のすべての機能を使用するには、AEM Forms アドオンパッケージをダウンロードしてインストールする必要があります。 変換サービスを設定して使用するには、このパッケージが必要になります。 詳しい手順については、「 データ取得機能をインストールして設定する 」を参照してください。
アドオンパッケージをインストールしたら、設定手順を実行する必要があります。

(オプション)コネクターパッケージをダウンロードしてインストールする

コネクターパッケージ 1.1.38 以降をインストールすると、リリース AFC-2020.03.1 で提供される 自動検出論理セクション 機能と改善を使用できます。 AEM パッケージ共有からコネクターパッケージをダウンロード できます。
自動フォーム変換サービス環境が既に稼働している場合、変換サービスの最新機能を使用するには、最新のサービスパック、最新の AEM Forms アドオンパッケージ、最新のコネクターパッケージをこの順序でインストールします。

カスタムのテーマとテンプレートを作成する

AEM を 実稼働モード (nosamplecontent 稼働モード)で起動した場合、参照パッケージはインストールされません。 参照パッケージには、サンプルのテーマとテンプレートが含まれています。 自動フォーム変換サービスを使用して PDF フォームをアダプティブフォームに変換するには、1 つ以上のテーマとテンプレートが必要になります。 変換サービスを使用する前に、専用のカスタムテーマとカスタムテンプレートを作成し、それらのテーマとテンプレートを使用するように 変換サービスを設定 してください。

サービスの設定

Adobe Cloud 上で稼働するサービスの設定を行い、そのサービスにローカルインスタンスを接続する前に、サービスの接続時に必要となるユーザーと権限について説明します。 サービスを接続する場合、管理者と開発者という 2 種類のユーザーが必要になります。
  • 管理者 :管理者は、組織内で使用するアドビソフトウェアとアドビサービスの管理を担当します。 管理者は、Adobe Cloud 上で稼働する自動フォーム変換サービスを接続するための権限を、組織内の開発者に付与する必要があります。 管理者を組織に対してプロビジョニングすると、「 アドビのソフトウェアとサービスを組織内で管理するための管理者権限が付与されました 」という内容の電子メールが管理者に送信されます。 管理者は、この電子メールを受信したら、 組織内の開発者に権限を付与する 必要があります。
  • 開発者 : 開発者は、Adobe Cloud 上で稼働する自動フォーム変換サービスに、ローカルの AEM Forms オーサーインスタンスを接続する必要があります。 管理者が開発者に対して自動フォーム変換サービスの接続権限を付与すると、「Adobe API 統合を組織内で管理するための開発者権限が付与されました」という内容の電子メールが開発者に送信されます。 開発者は、この電子メールを受信したら、 ローカルの AEM インスタンスを Adobe Cloud 上の自動フォーム変換サービスに接続する 必要があります。

(管理者のみ)組織内の開発者に権限を付与する

組織と管理者に対する権限の設定が完了したら(この処理はアドビ側で行います)、管理者は、管理コンソールにログインしてプロファイルを作成し、そのプロファイルに開発者を追加する必要があります(詳しい手順については、これ以降の説明を参照してください)。 開発者は、ローカルの AEM Forms インスタンスを、Adobe Cloud 上の自動フォーム変換サービスに接続する必要があります。
開発者とは、変換サービスの実行を担当する組織内のメンバーのことです。 自動フォーム変換サービスのプロファイルに登録されている開発者だけが、自動フォーム変換サービスを使用することができます。 プロファイルを作成して開発者をそのプロファイルに登録するには、以下の手順を実行します。
  1. 管理コンソール にログインします。 自動フォーム変換を使用するようにプロビジョニングされた管理者用 Adobe ID を使用してログインしてください。 それ以外の ID や Federated ID は使用しないでください。
  2. 自動フォーム変換 」オプションをクリックします。
  3. 製品 」タブで「 新しいプロファイル 」をクリックします。
  4. プロファイルの​ 名前 表示名 説明 ​を入力します。 「 完了 」をクリックします。プロファイルが作成されます。
  5. プロファイルに開発者を追加します。 プロファイルに開発者を追加するには、以下の手順を実行します。
    1. 管理コンソール で「概要」タブに移動します。
    2. 目的の製品カードで、「 開発者の割り当て 」をクリックします。
    3. 開発者の電子メールアドレスを入力し、必要に応じて姓名を入力します。
    4. 製品プロファイルを選択します。 「 保存 」をタップします。
すべての開発者について、上記の手順を繰り返します。 開発者の詳しい追加手順については、「 開発者の管理 」を参照してください。
管理者が Adobe I/O プロファイルに開発者を追加すると、その管理者に電子メール通知が送信されます。 電子メール通知を受け取った開発者は、 ローカルの AEM Forms インスタンスを Adobe Cloud 上の自動フォーム変換サービスに接続する 必要があります。

(開発者のみ)ローカルの AEM Forms インスタンスを Adobe Cloud 上の自動フォーム変換サービスに接続する

管理者によって権限を付与された開発者は、ローカルの AEM Forms インスタンスを Adobe Cloud 上の自動フォーム変換サービスに接続する必要があります。 AEM Forms インスタンスを変換サービスに接続するには、以下の手順を上から順に実行します。

電子メール通知を設定する

自動フォーム変換サービスは、Day CQ 電子メールサービスを使用して電子メール通知を送信します。 この電子メール通知には、変換処理の成否に関する情報が記載されています。 電子メール通知を受信しない場合は、以下の手順をスキップしてください。 Day CQ 電子メールサービスを設定するには、以下の手順を実行します。
  1. AEM Configuration Manager( http://localhost:4502/system/console/configMgr )に移動します。
  2. Day CQ 電子メールサービスの設定を開きます。「 SMTP サーバーのホスト名 」フィールド、「 SMTP サーバーポート 」フィールド、「 送信元アドレス 」フィールドの値を指定します。「 保存 」をクリックします。
    SMTP サーバーのホスト名とポートが不明な場合は、電子メールサービスプロバイダーまたは IT 部門の管理者に問い合わせてください。 「送信元アドレス」フィールドには、任意の電子メールアドレスを入力することができます。 例えば、notification@example.com donotreply@example.com などのアドレスを入力できます。
  3. Day CQ Link Externalizer 」の設定を開きます。「 ドメイン 」フィールドで、ローカルインスタンス、オーサーインスタンス、パブリッシュインスタンスの実際のホスト名または IP アドレスとポートを指定します。「 保存 」をクリックします。

ユーザーを forms-users グループに追加する

変換サービスの実行を許可する AEM ユーザーのプロファイル内で電子メールアドレスを指定します。 このユーザーは、 forms user グループにメンバーとして属している必要があります。 変換サービスの実行を許可されたユーザーの電子メールアドレスに電子メールが送信されます。 ユーザーの電子メールアドレスを指定し、そのユーザーを forms-user グループに追加するには、以下の手順を実行します。
  1. AEM 管理者として、AEM Forms のオーサーインスタンスにログインします。ローカルの AEM 資格情報を使用してログインします。 Adobe ID を使用してログインしないでください。 Adobe Experience Manager ツール セキュリティ ユーザー ​の順にタップします。
  2. 変換サービスの実行を許可するユーザーを選択して「 プロパティ 」をタップします。 「ユーザー設定を編集」ページが開きます。
  3. 電子メール 」フィールドで電子メールアドレスを入力して「 保存 」をタップします。 指定の電子メールアドレスに、変換処理の成否が記載された電子メール通知が送信されます。
  4. グループ 」タブをタップします。「グループを選択」タブで「 forms-users 」と入力し、このグループを選択します。 「 保存して閉じる 」をタップします。これで、ユーザーが forms-users グループのメンバーとして登録されました。

公開証明書を取得する

公開証明書により、Adobe I/O でプロファイルを認証できます。
  1. AEM Forms オーサーインスタンスにログインします。 ツール セキュリティ Adobe IMS 設定 ​に移動します。 「 作成 」をタップします。「 Adobe IMS テクニカルアカウント設定 」ページが表示されます。
  2. クラウドソリューションで「 自動フォーム変換サービス 」を選択します。
  3. 新しい証明書を作成 」チェックボックスを選択してエイリアスを入力します。 ここで入力したエイリアスが、ダイアログ名として表示されます。 「 証明書の作成 」をタップします。 ダイアログが表示されます。「 OK 」をクリックします。証明書が作成されます。
  4. 公開鍵をダウンロード 」をタップし、 AEM-Adobe-IMS.crt 証明書ファイルをローカルマシンに保存します。 この証明書ファイルを使用して、 Adobe I/O コンソール上に統合環境が作成 されます。 「 次へ 」をタップします。
  5. 以下の情報を入力します。
    • 「タイトル」フィールドにタイトルを入力します。
    • 「認証サーバー」フィールドに「 https://ims-na1.adobelogin.com 」を入力します。 その他のフィールドは現時点では空白のままにします(後で指定します)。ページは開いたままにしてください。

Adobe I/O 統合環境を作成する

自動フォーム変換サービスを使用するには、Adobe I/O で統合環境を作成する必要があります。この統合環境により、API キー、クライアント秘密鍵、ペイロード(JWT)が生成されます。
  1. https://console.adobe.io/ にログインします。 Adobe ID と、管理者がプロビジョニングした開発者アカウントを使用して、Adobe I/O コンソールにログインします。
  2. 統合を表示 」をタップします。 使用可能なすべての統合要素を示す画面が表示されます。
  3. 統合 」の下にあるドロップダウンで、自分が属している組織を選択します。 「 新しい統合 」をタップして「 API にアクセス 」を選択し、「 続行 」をタップします。
  4. Experience Cloud 自動フォーム変換 ​の順に選択して「 続行 」をタップします。 「自動フォーム変換」オプションが無効になっている場合は、「 アドビのサービス 」オプションの上にあるドロップダウンボックスで正しい組織が選択されているかどうかを確認してください。 自分がどの組織に属しているかわからない場合は、管理者に問い合わせてください。
  5. 新しい統合環境の名前と説明を入力します。 「 お使いのコンピューターからファイルを選択 」をタップし、「 公開証明書を取得する 」セクションでダウンロードした AEM-Adobe-IMS.crt ファイルをアップロードします。
  6. 組織内の開発者に権限を付与 する際に作成したプロファイルを選択して「 統合を作成 」をタップします。 統合環境が作成されます。
  7. 統合の詳細情報に進む 」をタップして、統合環境の詳細情報を表示します。 このページには、API キーやクライアント秘密鍵など、ローカルの AEM インスタンスを自動フォーム変換サービスに接続するために必要な情報が表示されます。 これらの情報を使用して、ローカルマシン上に IMS の設定データが作成されます。
  8. ローカルインスタンスで IMS の設定ページを開きます (このページは、「 公開証明書を取得する 」セクションの最後で開いたままにしておいたページです)。
  9. この画面で、API キーとクライアント秘密鍵を指定します。 統合ページで入力した値を指定してください。
    ペイロードについては、統合ページの「JWT」タブで入力したコードを指定してください。 保存 」をタップします。 IMS 設定が作成されます。 統合ページを終了します。
    IMS 設定は 1 つだけ作成してください。 複数の IMS 設定を作成しないでください。
  10. 作成した IMS 設定を選択して「 ヘルスチェック 」をタップします。 ダイアログボックスが表示されます。「 チェック 」をタップします。 接続が成功すると、 トークンが正常に取得された ​ことを示すメッセージが表示されます。

クラウドサービスを設定する

AEM インスタンスを変換サービスに接続するには、クラウドサービス設定を作成する必要があります。 この設定を作成すると、変換用のテンプレート、テーマ、フォームフラグメントも指定できるようになります。 フォームの各セットとは独立した複数のクラウドサービス設定を作成することができます。 例えば、販売部門用のフォームや顧客サポート用のフォームとは独立した設定を作成することができます。 クラウドサービス設定を作成するには、以下の手順を実行します。
  1. AEM Forms インスタンスで、 Adobe Experience Manager ツール クラウドサービス 自動フォーム変換設定 ​の順にタップします。
  2. Global フォルダーをタップしてから「 作成 」をタップします。 自動フォーム変換設定の作成ページが表示されます。 Global フォルダー内に変換設定が作成されます。 別の既存のフォルダー内に設定を作成することも、新しいフォルダーを作成して設定を保存することもできます。
  3. 自動フォーム変換設定の作成 」ページで、以下のフィールドに値を入力して「 次へ 」をタップします。
    フィールド
    説明
    タイトル
    一意の設定タイトル。 このタイトルが、変換処理を開始する UI に表示されます。
    名前
    一意の設定名。 この名前で、CRX-Repository ディレクトリに設定が保存されます。 設定名と設定タイトルは、同じ値にすることができます。
    サムネイルの場所
    設定のサムネイルの場所。
    サービス URL
    Adobe Cloud 上の自動フォーム変換サービスの URL。 「 https://aemformsconversion.adobe.io/ 」を入力してください。
    テンプレート
    変換後のフォームに適用されるデフォルトのテンプレート。 変換処理を開始する前であれば、いつでも別のテンプレートを指定することができます。 テンプレートには、アダプティブフォーム用の基本的な構成情報と初期コンテンツが含まれています。 すぐに使用できる一連のテンプレートから、任意のテンプレートを選択することができます。 また、カスタムテンプレートを作成することもできます。
    テーマ
    変換後のフォームに適用されるデフォルトのテーマ。 変換処理を開始する前であれば、いつでも別のテーマを指定することができます。 アイコンをクリックすると、すぐに使用できるテーマを選択することができます。 また、カスタムテーマを作成することもできます。
    既存のフラグメント
    既存のフラグメントの場所(存在する場合)。
    カスタムメタモデル
    カスタムメタモデルの .schema.json ファイルのパス。
  4. 自動フォーム変換設定の作成 」ページの「 詳細 」タブで、以下のフィールドに値を入力します。
    フィールド 説明
    レコードのドキュメントを生成 変換後のフォームに対してレコードのドキュメントを自動的に生成するには、このオプションを選択します。 これは、XFA ベースフォーム(XDP フォームと PDF フォーム)専用のオプションです。 このオプションを有効にしてフォームを送信すると、フォームに入力した情報のレコードを、印刷形式またはドキュメント形式で、今後の参照用に保存することができます。 これを、レコードのドキュメントといいます。
    Analytics を有効にする 変換後のすべてのフォームで Adobe Analytics を有効にする場合は、このオプションを選択します。 このオプションを選択する前に、AEM Forms インスタンスで Adobe Analytics が有効になっているかどうかを確認してください。
    • 「.XDP」という拡張子が付いている XFA ベースフォームをソースとして使用する場合、XFA レイアウトが出力 DOR に保存されます。それ以外の場合、変換サービスは付属のテンプレートを使用して、その他の XFA ベースフォーム用の DOR を生成します。
    • XFA フォームを送信すると、そのフォームの送信データが XML 要素または属性として保存されます。 例えば、 <Amount currency="USD"> 10.00 </Amount> のようになります。この場合、「currency」は属性と金額として保存され、「10.00」は要素として保存されます。 アダプティブフォームの送信データに含まれているのは要素だけで、属性は含まれていません。 そのため、XFA ベースフォームをアダプティブフォームに変換すると、アダプティブフォームの送信データの各属性には要素が保管されます。 以下に例を示します。
       {
          "Type": "Principal",
    
          "Amount": "10.00",
    
          "currency": "USD"
       }
    
    
  5. 作成 」をタップします。クラウド設定が作成されます。 これで、AEM Forms インスタンスを使用して、従来のフォームをアダプティブフォームに変換する準備が整いました。