Show Menu
トピック×

PDF フォームをアダプティブフォームに変換する

Adobe Sensei をベースとして開発された AEM Forms 自動フォーム変換サービスを実行すると、使用しているデバイスに合わせて、PDF フォームが自動的にアダプティブフォームに変換されます。 自動フォーム変換サービスを使用すると、非インタラクティブ PDF フォーム、AcroForms、XFA ベースの PDF フォームなど、各種フォームを簡単にアダプティブフォームに変換することができます。 この変換サービスの機能、変換ワークフロー、概要情報については、 自動フォーム変換サービスのトピック を参照してください。

前提条件

  • 変換後のフォームに テンプレート を適用するための準備を行う :テンプレートを使用すると、統一されたブランディングをすべてのアダプティブフォームに適用することができます。 自動フォーム変換サービスでは、変換元 PDF ドキュメントのヘッダーとフッターが抽出されて使用されることはありません。 アダプティブフォームのテンプレートを使用して、ヘッダーとフッターを指定することができます。 変換サービスを実行すると、テンプレートで指定したヘッダーとフッターがアダプティブフォームに適用されます。
  • 変換後のフォームに適用される テーマ を準備する :テーマを使用すると、統一されたスタイルを組織内のすべてのアダプティブフォームに適用することができます。

変換処理の開始

AEM インスタンスを AEM Forms 変換サービスに接続すると、PDF フォームをアダプティブフォームに変換できるようになります。 フォームを変換するには、以下の手順を上から順に実行します。

PDF フォームを AEM Forms サーバーにアップロードする

変換サービスを実行すると、AEM Forms インスタンス上の PDF フォームがアダプティブフォームに変換されます。 必要に応じて、すべての PDF フォームを一度にアップロードすることも、段階的にアップロードすることもできます。 フォームをアップロードする場合は、以下の点に注意してください。
  • 1 つのフォルダーに保存するフォームの数は 15 個未満にしてください。また、1 つのフォルダーに保存する合計ページ数は 50 ページ未満にしてください。
  • フォルダーのサイズは 10 MB 未満にしてください。 サブフォルダー内にフォームを保存しないでください。
  • 各フォームのページ数は 15 ページ未満にしてください。
  • 保護されたフォームをアップロードしないでください。 この変換サービスでは、パスワードで保護されたフォームを変換することはできません。
  • ファイル名にスペースが含まれているソースフォームをアップロードしないでください。 こうしたファイルをアップロードする場合は、ファイル名に含まれているスペースを削除してからアップロードしてください。
  • PDF ポートフォリオ をアップロードしないでください。 この変換サービスでは、PDF ポートフォリオをアダプティブフォームに変換することはできません。
  • 推奨されるフォームの修正方法について、「 既知の問題 」セクションと「 ベストプラクティスと考慮事項 」セクションを確認してください。
変換するフォームを AEM Forms インスタンス上のフォルダーにアップロードするには、以下の手順を実行します。
  1. AEM Forms インスタンスにログインします。
  2. Adobe Experience Manager ナビゲーション フォーム フォームとドキュメント ​の順にタップします。
  3. 作成 フォルダー ​の順にタップします。フォルダーの​ タイトル ​と​ 名前 ​を指定します。 「 作成 」をタップします。フォルダーが作成されます。
  4. 作成されたフォルダーをタップして開きます。
  5. 作成 ファイルのアップロード ​の順にタップします。アップロードするフォームを選択して「 開く 」をクリックし、次に「 アップロード 」をクリックします。 フォームがアップロードされます。

変換処理を実行する

フォームのアップロードと変換サービスの設定が完了したら、以下の手順で変換処理を実行します。
  1. AEM Forms インスタンスで、 Adobe Experience Manager ナビゲーション フォーム フォームとドキュメント ​の順にタップします。
  2. フォームを選択するか、変換する PDF フォームが保管されているフォルダーを選択して「 自動変換を開始 」をタップします。 変換設定 ​ダイアログが表示されます。
  3. 変換設定ダイアログの「 基本 」タブで、以下の操作を行います。
    • クラウド設定を選択します 。 選択した設定に対して、デフォルトのテンプレートとテーマが指定されます。 必要に応じて、別のテンプレートやテーマを指定することができます。
    • 変換後のアダプティブフォームの保存場所と対応するスキーマを指定します。 デフォルトのパスをそのまま使用することも、別のパスを指定することもできます。
    • データモデルをバインドせずにアダプティブフォームを生成する場合は、「 データモデルをバインドせずにアダプティブフォームを生成 」オプションを選択します。 このオプションを選択せずに変換サービスを実行すると、アダプティブフォームが自動的に JSON スキーマに関連付けられ、アダプティブフォームと JSON スキーマのフィールド間でデータバインディングが作成されます。「 生成されたデータモデルスキーマの保存先 」フィールドには、生成された JSON スキマーのデフォルトの保存場所が表示されます。 この場所は変更することができます。 既に説明したように、「データモデルをバインドせずにアダプティブフォームを生成」オプションを選択すると、データモデルがバインドされていない状態でアダプティブフォームが生成されます。 変換処理が正常に完了したら、フォームデータモデル、XML スキーマ、または JSON スキーマにアダプティブフォームを関連付けることができます。 詳しくは、「 アダプティブフォームの作成 」を参照してください。
  4. 変換設定ダイアログの「 その他 」タブで、以下の操作を行います。
    • 変換後のフォームで、フォームフラグメントの識別、抽出、ダウンロードを行う場合は、「 アダプティブフォームのフラグメントを抽出 」オプションを選択します。 「 アダプティブフォームのフラグメントを抽出 」オプションを選択すると、抽出されたフォームフラグメントとそれに対応するフォームフラグメントスキーマの保存先を指定するためのオプションが有効になります。
    • JSON スキーマベースのアダプティブフォームフラグメントと、JSON スキーマのないアダプティブフォームフラグメントを使用して、アダプティブフォームを自動的に生成する場合は、それらの「 アダプティブフォームフラグメント 」の場所を指定します。変換サービスを実行すると、使用可能な JSON スキーマベースのアダプティブフォームフラグメントと JSON スキーマがないアダプティブフォームフラグメントが入力 PDF フォーム(非インタラクティブ PDF フォームのみ)と比較され、一致するフラグメントが見つかった場合は、対応するアダプティブフォーム内でそのフラグメントが使用されます。
    • フラグメントを抽出 」オプションと「 既存のアダプティブフォームフラグメントを使用 」オプションを同時に選択することはできません。 どちらか一方のオプションだけを選択してください。
    • 既存のアダプティブフォームフラグメントを使用 」オプションを使用できるのは、非インタラクティブ PDF フォームの場合だけです。 現時点では、その他のフォームタイプでこのオプションを使用することはできません。
    • 自動変換サービスで使用できるのは、JSON スキーマにバインドされていないフラグメントと JSON スキーマにバインドされているフラグメントだけです。 XFA フラグメントは使用しないでください。 XFA フラグメントはサポートされていません。
    • デスクトップコンピューターやノートパソコンなど、大きな画面を使用してソースフォームのレイアウトを保存する場合は、「 入力フォームの複数列レイアウトを自動的に検出 」オプションを選択します。 このオプションは、ソースフォームの複数列レイアウトを保存する場合に使用すると便利です。 例えば、ソース PDF フォームのレイアウトが 2 列になっている状態でこのオプションを選択すると、画面が大きなデバイスの場合は 2 列のレイアウトのままアダプティブフォームが生成され、携帯電話などの画面の小さなデバイスの場合は 1 列のレイアウトでアダプティブフォームが生成されます。 この機能には、データソーススキーマの構造に関する既知の問題が存在します。 詳しくは、「 既知の問題 」を参照してください。
    • デフォルトでは、このサービスは PDF フォームの各ページに個別のトップレベルパネルを作成します。 これで、 自動検出論理セクション ​オプションを使用して、ページレベルのパネル(ページ番号ベースのパネル)を作成せず、論理パネルのみを作成できるようになりました。 また、先行する論理セクションを持つセクションに属さないフィールドと、隣接する 2 ページにまたがる論理セクションのフィールドを 1 つの論理セクションにまとめます。 例えば、論理セクションの一部のフィールドが 1 ページ目の終わりにあり、一部が 2 ページ目の最初にある場合、そのようなフィールドはすべて 1 つの論理セクションにまとめられます。
      自動検出論理セクション ​機能を使用するには、コネクターパッケージ 1.1.38 以降が必要です。
  5. 変換を開始 」をタップします。 変換処理が開始されます。 変換処理の進行状況は、該当するフォルダーまたはフォームに表示されます。 変換処理が完了すると、結果を示すメッセージ(「変換されました」、「部分的に変換されました」、「変換が失敗しました」)が表示されます。 また、結果が記載された電子メールも、指定の電子メールアドレスに送信されます。
    • 変換処理が正常に完了すると、変換後のアダプティブフォームとそれに関連するスキーマが、変換ダイアログの「 基本 」タブで指定したパスにダウンロードされます。 変換処理を開始する前に「フラグメントを抽出」オプションを選択した場合にのみ、フォームフラグメントとそれに対応するスキーマがダウンロードされます。
    • 変換処理が失敗した場合は、エラーメッセージが表示されます。すべての入力フォームで変換処理が失敗した場合は「 変換が失敗しました 」という内容のメッセージが表示され、一部の入力フォームで変換処理が失敗した場合は、「 一部が失敗しました 」という内容のメッセージが表示されます。 また、変換処理の結果が記載された電子メールが 指定の電子メールアドレス に送信され、エラーの内容が error.log ファイルに記録されます。 XFA ベースの PDF フォームをアダプティブフォームに変換すると、その PDF フォームが「レコードのドキュメント」テンプレートとして自動的に変換後のアダプティブフォームに関連付けられます。 変換処理が完了したら、アダプティブフォームのプロパティを開き、「 フォームモデル 」タブの「 レコードのドキュメントのテンプレート設定 」セクションで、「レコードのドキュメント」テンプレートを表示することができます。
    ツール クラウドサービス 自動フォーム変換の設定 選択した設定のプロパティ 詳細 ​で「 レコードのドキュメントを生成 」オプションを選択した場合にのみ、PDF フォームが「レコードのドキュメント」テンプレートとして自動的に変換後のアダプティブフォームにアップロードされます。
    変換処理の時間が 60 分を超えても PDF フォームがアダプティブフォームに変換されない場合は、AEM Forms インスタンス上にフォルダーを作成し、そのフォルダーに PDF フォームをアップロードしてから、変換処理を再開してください。

変換後のフォームを確認して修正する

実際にフォームを作成する場合は、複雑なデータをキャプチャしなければならないことがあります。 自動変換処理が完了したら、変換後のフォームの内容を確認し、必要な変更を行います。 AEM Forms には、こうした変更を行うための 「レビューと修正」エディター が用意されています このエディターを使用すると、自動的に識別されたフォームフィールドを修正したり、フィールドタイプを変更したりすることができます。 例えば、レイアウトが 2 列になっているフォームを特定したり、ラジオボタンとして自動的に識別されたフィールドを複数選択フィールドに変更したりすることができます。