Show Menu
トピック×

概要

自動フォーム変換サービスを使用して PDF フォームを自動的にアダプティブフォームに変換することにより、デジタル化された高速なデータキャプチャエクスペリエンスが実現します。 Adobe Sensei をベースとして開発されたこの変換サービスにより、使用しているデバイスに合わせて、PDF フォームが自動的に HTML5 ベースのアダプティブフォームに変換されます。 この変換サービスは PDF フォームと XFA の既存の技術を活用します。また、アダプティブフォームに合った検証機能、スタイル設定機能、レイアウト機能を適用して変換処理を実行します。 この変換サービスの特長を以下に示します。
  • 印刷フォームをアダプティブフォームに変換する際の手動作業が大幅に減る
  • 変換時に各種のパターンが適用され、適切な検証処理が実行される
  • 変換時に「レコードのドキュメント」が生成される
  • 使用頻度の高いフィールドが再利用可能な「フォームフラグメント」としてグループ化される
  • Adobe Analytics の技術を活用して変換処理が実行される

使用開始

AEM 6.4 Forms と AEM 6.5 Forms のオンプレミスユーザーと、Adobe Managed Service のエンタープライズユーザーは、自動フォーム変換サービスを無料で使用することができます。 変換サービスを使用する場合は、アドビのセールスチームまたはアドビの営業担当者に問い合わせてください。
お客様の組織で変換サービスを使用できるように設定し、組織の管理者に対して必要な権限を設定します。 必要な権限を設定された管理者は、変換サービスに接続するためのアクセス権限を、組織内の AEM Forms 開発ユーザーに付与することができます。 詳しくは、「 自動フォーム変換サービスの設定 」を参照してください。

サポート対象の PDF フォームと言語

このサービスで変換できるフォームは、非対話型 PDF フォーム、Adobe Acrobat で作成されたフォーム(AcroForms といいます)、AEM Forms または Adobe LiveCycle で作成された XFA ベースフォームです。
変換サービスでアダプティブフォームに変換できるのは、英語で作成されたフォームだけです。 変換後のアダプティブフォームを別の言語に翻訳する場合は、 AEM 翻訳ワークフロー を使用してください。

変換ワークフロー

自動フォーム変換サービスは、Adobe Cloud 上で稼働します。 AEM インスタンスを変換サービスに接続し、変換するフォームを AEM インスタンスにアップロードして、変換処理を開始してください。 変換プロセスの詳細なフローは、以下のようになります。

1. 環境を設定する

自動フォーム変換サービスは、Adobe Cloud 上で稼働します。 組織の Adobe I/O アカウントを設定し、ローカルの AEM インスタンスを Adobe Cloud 上の変換サービスに接続 します。

2. PDF フォームをアダプティブフォームに変換する

AEM Forms の環境を設定したら、 PDF フォームを AEM インスタンスにアップロード して 変換処理を開始 します。 フォームをアップロードする場合は、以下の点に注意してください。
  • 保護されたフォームをアップロードしないでください。 この変換サービスでは、パスワードで保護されたフォームや暗号化されたフォームを変換することはできません。
  • スキャンされたフォーム、色付きのフォーム、英語以外の言語で作成されたフォーム、フィールドに値が設定されているフォームをアップロードしないでください。 こうしたフォームを変換することはできません。
  • ファイル名にスペースが含まれている PDF フォームをアップロードしないでください。
  • PDF ポートフォリオ をアップロードしないでください。 この変換サービスでは、PDF ポートフォリオをアダプティブフォームに変換することはできません。
  • PDF フォームで推奨される変更内容については、「 ベストプラクティスと考慮事項 」を参照してください。
  • 変換サービスに関する問題点については、「 既知の問題 」を参照してください。

3. 変換後のフォームを確認する

実際のフォームには、フィールドのレイアウトや名前などについて、人工知能や機械学習ベースの検出ロジックでは正確に認識できない複雑なデータキャプチャ要件が含まれている場合があります。 自動変換処理が完了したら、 「レビューと修正」エディター を使用して変換後のフォームを確認し、必要な修正を行って、質の高いフォームを作成することができます。 編集作業が終わったら、もう一度変換処理を実行します。
自動変換処理にかかる時間は、入力フォームのサイズ、フォームの複雑度、処理キューの状態など、様々な要因によって異なります。 変換処理の進行状況については、変換元のファイル(または変換元のファイルが保管されているフォルーダー)に定期的に表示されるインジケーターで確認することができます。 変換処理が完了すると、指定の電子メールアドレスに通知が送信されます。