Show Menu
トピック×

既知の問題と制限事項

AEM Forms の自動フォーム変換サービスを使用する前に、このサービスに関する既知の問題と制限事項について確認しておく必要があります。

既知の問題

  • 変換用のフォームを保管するフォルダー(ソースフォルダー)には、15 件を超えるフォームを保管することはできません。また、すべてのフォームの合計ページ数が 50 ページを超えることもできません。 ソースフォルダーのサイズは 10 MB 以下にする必要があります。 ソースフォルダー内にサブフォルダーを作成しないでください。
  • フォームオブジェクトには、人間にとっては簡単に区別できても、 変換サービスでは認識するのが難しい ものもあります。 こうしたフォームオブジェクトを正しく識別して変換するには、 「レビューと修正」エディター を使用してください。
  • 「レビューと修正」エディターに関する既知の問題:
    • 編集操作を元に戻すオプションは用意されていません。 「保存」ボタンを押すと変更内容が完全に確定され、元に戻すことができなくなります。
    • XFA ベースフォーム用の繰り返し可能パネルはサポートされていません。
    • 「レビューと修正」エディターでテーブル内のリストを変更すると、行の幅が自動的に調整されず、行内のテキストが次の行にはみ出してしまう場合があります。
    • 「レビューと修正」エディターとフォームフラグメントでは、「 入力フォームの複数列レイアウトを自動検出 」機能を使用できません。
    • 「レビューと修正」エディターで作成された手書き署名は、発行済みアダプティブフォームに読み込むことができません。
  • XFA ベースフォームに関する既知の問題:
    • XFA ベースフォームからフラグメントを抽出することはできません。
    • XFA スクリプトはサポートされていません。 例えば、ドロップダウンコンポーネントの値を自動的に生成するためのスクリプトはサポートされていません。
    • 選択グループの場合、メタモデルが機能しません。
    • 1 文字だけの選択グループオプションは識別されません。
    • ソースドキュメントが動的な XFA(.XDP)ドキュメントで、このドキュメントを使用して アダプティブフォームの XFA プロパティの動作 が定義されている場合、ソースドキュメント内の presence プロパティが無視されます。 例えば、ソースドキュメント内の特定のフィールドが非表示フィールドとして設定されている状態で、スクリプトを使用してこのフィールドを表示フィールドに設定した場合、変換後のアダプティブフォームではこのフィールドが表示されたままになります。
  • 生成後のアダプティブフォームで入力 AcroForms をレコードのドキュメント(DoR)として使用 」オプションを使用する場合は、以下の点に注意してください。
複合テキストフィールドのバインディングとデータが失われます。 複合テキストフィールドの場合、複数のテキストボックスが相互に関連する形で配置されます。 例えば AcroForms の場合、1 つのクレジットカード番号が複数のテキストボックスに分割され、テキストボックスごとに個別のバインディングが設定されます。 AcroForms をアダプティブフォームに変換すると、変換後のアダプティブフォームのすべてのテキストボックスで、同じバインディングが設定されます。 この問題を回避するには、AcroForms をアダプティブフォームに変換する前に、1 つのテキストボックスだけを使用してクレジットカード番号を取り込むように AcroForms を変更します。                                                            
複合日付フィールドのバインディングとデータが失われます。 複合日付フィールドは、3 つの異なるフィールドで構成されています。 例えば、AcroForms の生年月日フィールドは、3 つの異なるフィールドに分割されます。 アダプティブフォームには、すぐに使用できる日付ピッカーコンポーネントが用意されています。 AcroForms のバインディングを維持したまま、アダプティブフォームの日付ピッカーコンポーネントを使用するには、AcroForms をアダプティブフォームに変換する前に、1 つの日付フィールドだけを使用するように AcroForms を変更します。
チェックボックスのサイズが付随するテキストよりも大きい場合、そのチェックボックスが検出されず、AcroForms 内のバインディングが失われます。 この場合、チェックボックスのサイズを付随テキストよりも小さくしてください。
入力フィールドが対応するテキストフィールドに対して位置合わせされていない場合、入力フィールドは検出されません。
変換サービスにより、AcroForms のすべてのチェックボックスが個別の選択グループに変換されます。 AcroForms とのバインディングを保持するために、個別の選択グループが作成されます。 そのため、アダプティブフォーム内の選択グループを結合しないでください。 結合すると、バインディングが失われます。 選択グループを結合する場合は、フォームを再度変換して、失われたバインディングをもう一度作成してください。
一部のテーブルの境界線は、自動的に生成されたレコードのドキュメント(DoR)内のページの外側にまで拡張されます。

制限事項

  • 複雑な動的レイアウト、枠線が点線になっているフィールド、既に値が設定されているフィールドが含まれる PDF フォームはサポートされていません。
  • 画像と画像内のテキストは識別されません。 変換後のフォームに手動で画像を追加してください。
  • Artwork XDP ドキュメントはサポートされていません。
  • 15 ページを超える PDF フォームはサポートされていません。
  • 暗号化されたドキュメントやパスワードで保護されたドキュメントはサポートされていません。 変換処理を実行する前に、暗号やパスワードを削除してください。
  • 複雑なテーブル(境界線のないテーブル、ネストされたテーブル、プレースホルダー値が設定されているテーブルなど)はサポートされていません。こうした複雑なテーブルの追加や変更を行う場合は、変換処理の完了後にアダプティブフォームエディターを使用してください。 変換サービスでは、単純なテーブル(フィールド値が設定されておらず、ヘッダーが適切に配置され、境界線が明確なテーブル)を使用してください。
  • 変換サービスでアダプティブフォームに変換できるのは、英語で作成されたフォームだけです。 変換後のアダプティブフォームを別の言語に翻訳する場合は、 AEM 翻訳ワークフロー を使用してください。
  • AEM 6.4 Forms では、入力フォームの複数列レイアウトを自動的に検出することはできません。