Show Menu
トピック×

Analysis Workspace でカスタム日付範囲を作成

Customer Journey Analytics内のAnalysis Workspaceに関するドキュメントを表示している。 この機能セットは、従来のAdobeAnalyticsの Analysis Workspaceとは少し異なります 詳細情報...
Analysis Workspace でカスタム日付範囲を作成し、時間コンポーネントとして保存します。
コンポーネント 新しい日付範囲
日付範囲は、パネルレベルで適用します。プロジェクトに日付範囲を追加するには、 パネル <select panel> をクリックして、新しい日付範囲を指定します。

「2 ヶ月前」の日付範囲

次のカスタム日付範囲は、方向の変化を示す変更概要ビジュアライゼーションで、「2 ヶ月前」の日付範囲を示します。
カスタム日付範囲は、プロジェクトの日付範囲コンポーネントパネルの最上部に表示されます。
比較用に、このカスタム日付範囲を、先月プリセットを使用した、カスタムの、月周期の日付範囲の横の列にドラッグできます。変更概要ビジュアライゼーションを追加して、各列から合計を選択し、方向の変化を示します。

7 日周期の日付範囲の使用

日付範囲は、パネルレベルに適用します。プロジェクトに日付範囲を追加するには、 アクション パネルを追加 ​をクリックして、新しい日付範囲を指定します。
日付範囲ビルダーで、他の日付範囲と共にコンポーネントパネルに表示するカスタム日付範囲を作成できます。
例えば、1 週間前に終了する 7 日周期の時間帯を指定する日付範囲を作成できます。
rolling daily .を使用します。
  • 「開始」設定は、 current day minus 14 days になります。
  • 「終了」設定は、 current day minus 7 days になります。
この日付範囲は、コンポーネントとして任意のフリーフォームテーブルにドラッグできます。