Show Menu
トピック×

日付範囲を管理

日付範囲マネージャを使用して、日付範囲の共有、名前の変更または削除を行います。 日付マネージャーに連絡するには:
  1. Log in to analytics.adobe.com using your AdobeID credentials.
  2. /に移動 Components します Date Ranges。

インターフェイス

日付範囲マネージャーには、次のオプションが含まれています。
  • 追加 :新しい日付範囲を作成します。 詳しく は、日付範囲の作成 を参照してください。
  • タイトルで検索 :タイトルで日付範囲を検索します。 ここに入力したテキストに基づいて結果がフィルタされます。
  • フィルタ :左の列を使用して日付範囲をフィルターします。 自分が作成したカスタムタグ、所有者、お気に入り、承認済み、共有済みでフィルターできます。 また、目的のフィルターを検索
  • お気に入り :日付範囲の 、星形アイコンをクリックして、お気に入りに追加します。
  • 列のカスタマイズ :列アイコンをク 、日付範囲マネージャで列の表示/非表示を切り替えます。
1つ以上の日付範囲の横にあるチェックボックスをクリックして、その他のオプションを表示します。
  • タグ :選択したすべての日付範囲にタグを適用します。 タグを使用すると、日付範囲を整理し、左の列を使用してフィルタリングできます。
  • 共有 :他のExperience Cloudユーザーと日付範囲を共有します。 製品管理者は、組織全体またはグループ全体に共有することもできます。 組織内の他のユーザーに共有される日付範囲には、タイトルの横に アイコンが表示されます。
  • 削除 :選択した日付範囲を完全に削除します。
  • 名前の変更 :1つの日付範囲を選択した場合は、タイトルを変更できます。
  • 承認 :製品管理者の場合は、承認のスタンプを日付範囲に追加できます。 承認された日付範囲は、組織内のユーザーに対して、そのユーザーが「公式」であることを通知し、組織内の他のユーザーが作成した日付範囲と区別します。 承認された日付範囲には、タイトルの 「承認済み」アイコンが表示されます。
  • 未承認 :製品管理者で、既に承認済みの日付範囲を選択した場合は、承認を取り消すことができます。
  • コピー :選択した日付範囲のコピーを作成します。 日付範囲をコピーす (Copy) ると、新しくコピーされた日付範囲のタイトルの末尾に追加されます。
  • CSVに書き出し :選択したすべての日付範囲をCSVファイルにエクスポートします。 結果のCSVファイルの列には、日付範囲マネージャーに表示されるすべての列が含まれます。