Show Menu
トピック×

フィルターの管理

フィルターマネージャでは、セグメントを様々な方法で管理できます。例えば、共有、タグ付け、承認、コピー、削除およびお気に入りへの登録が可能です。
フィルターマネージャには、自分が所有しているすべてのセグメントと、自分が共有しているフィルターが表示されます。管理者レベルのユーザーは、組織内のすべてのフィルターを表示できます。この概要では、フィルターマネージャのユーザーインターフェイスと機能について説明します。
フィルターマネージャーにアクセスするには、 カスタマージャーニー分析 > コンポーネント > フィルター 」をクリックします。

フィルターマネージャ UI

#
UI 機能
説明
1
フィルター管理ツールバー
フィルターをチェックすると、このツールバーが表示されます。ほとんどの管理タスクをこのツールバーから完了できます。
2
チェックボックス
管理するフィルターにチェックマークを付けます。
4
お気に入り
フィルターの横にある星をクリックすると、星が黄色に変わり、フィルターがお気に入りに登録されます。
5
タイトルと説明
フィルタービルダーで提供されます。タイトルと説明を編集するには、タイトルリンクをクリックします。タイトルリンクをクリックすると、フィルタービルダーに戻ります。
6
レポートスイート
この列には、フィルターが最後に保存されたレポートスイートが示されます。
7
所有者
フィルターの所有者が示されます。管理者以外のユーザーは、自分が所有しているまたは自分が共有していたフィルターのみを表示できます。
8
タグ(列の選択でチェックされていないので、列は表示されていません)
自分または自分とフィルターを共有しているユーザーによってフィルターに適用されたタグ。
9
共有先
自分がフィルターを共有している個人、グループまたは全員が表示されます。グループまたは全員を表示できるのは管理者のみです。
10
修正日
フィルターが最後に修正された日付を表示します。
11
列の選択
(右上)フィルターマネージャに表示する列を選択できます。
12
共有アイコン
このフィルターが自分が共有した、または自分と共有されていることを示します。
13
承認済みアイコン
このフィルターが管理者によって承認されていることを示します。
14
その他のフィルター
タグ、レポートスイート、所有者およびその他(すべてを表示、自分が所有、自分と共有、承認済み、お気に入り)によるフィルターを確認できます。

プランフィルター

セグメントの計画は時間をかけておこない、組織にとって役立つセグメントを作成し、セグメントの数が適切になるように管理してください。
  • オーディエンスを考慮します。どのような人がセグメントを使用しますか。どのような人とセグメントを共有しますか。このフィルターをどのようなグループで使用しますか。また、それに応じて、フィルターにどのようなタグを付ける必要がありますか。つまり、フィルターに適切な説明を付けるという意味でもあります。最低でも、説明には、次の質問に対する答えを反映する必要があります。
    • このフィルターはどのような分野で役立ちますか。
    • このフィルターはいつ使用する必要がありますか。
  • フィルター範囲を決定します。範囲に最も適した フィルターコンテナ は、次のうちどれですか?できるだけ小さいコンテナを使用します。
  • フィルター定義に含める要素と値を決定します。
  • 承認プロセスの展開方法を検討します。フィルターの確認および承認は、1 人の担当者のみでおこないますか?それとも委員会で判定しますか?
  • フィルターライブラリへのビューを使用してフィルターを定義します。フィルターライブラリを使用すると、部品としてのフィルターをモジュール形式で積み重ねおよび再利用できます。このライブラリを有益なものとするには、どのような「モジュール」を定義する必要がありますか。

タグフィルター

フィルターマネージャでは、フィルターにタグを付けて管理できます。すべてのユーザーがフィルターにタグを付け、セグメントに 1 つ以上のタグを適用できます。ただし、自分が所有しているまたは自分が共有していたフィルターに対するタグのみを表示できます。
どのような種類のタグを作成する必要がありますか。次に、便利なタグのいくつかを示します。
  • ソーシャルマーケティング、モバイルマーケティングなど、チーム名に基づくタグ。
  • プロジェクトタグ(分析タグ):入口ページ分析など。
  • カテゴリタグ:メンズ、地域。
  • ワークフロータグ:承認済み、(特定のビジネスユニット向けの)キュレーション。
フィルターをタグ付けするには、次の手順を実行します。
  1. フィルターマネージャで、タグを付けるフィルターの横にあるチェックボックスを選択します。フィルター管理ツールバーが表示されます。
  2. タグ 」をクリックし、次のいずれかの操作を行います。
    • 既存のタグから選択するか、
    • 新しいタグ名を入力し、 Enter .
  3. タグ 」を再度クリックしてセグメントにタグを付けます。
これで、タグが「タグ」列に表示されます(右上のギアアイコンをクリックして列を管理します)。また、 フィルター/タグ ​に移動すると、タグをフィルタリングできます。

フィルターの承認

フィルターマネージャでは、アプリケーションの各種レベル向け、特定の部門またはグループ向け、およびレポーティングポリシーに合致したフィルターを承認するワークフローを設定できます。
次に、フィルターに承認フラグを設定する方法を示します。
  1. フィルターマネージャで、フィルタータイトルの左側にあるチェックボックスを選択します。
  2. クリック 承認 」をクリックします。
  3. 承認済みセグメントを組織で共有することを検討します。
  4. OK 」をクリックします。
    リスト内のフィルターの横には、承認アイコンがあります。
  5. また、「 未承認 」をクリックすると、承認済みセグメントを未承認にすることもできます。

フィルターの共有

権限に応じて、フィルターを組織全体、グループまたは個々のユーザーと共有できます。
管理者
管理者以外
フィルターをすべてのユーザー、グループおよび特定のユーザーと共有できます。詳しくは、 Admin Console のドキュメント を参照してください。
フィルターを個人ユーザーとのみ共有できます。
フィルターを会社全体で共有する必要があるのはどのような場合でしょうか。また、指標をユーザーグループまたは個々のユーザーとのみ共有する必要があるのはどのような場合でしょうか。次に、いくつかのベストプラクティスを示します。
  • 管理者として、フィルターを会社全体およびすべてのユーザーで使用すると良いと判断される場合は、フィルターを全員で共有します。この場合、承認済みのフィルターにすることを検討してください。
  • 管理者は、フィルタートによってチームに優れたビジネス価値がもたらされる場合、フィルターを特定の製品プロファイルと共有します。このようなフィルターは正式に承認しないでください。
  • 管理者または個人ユーザーとして、フィルターを他の個人ユーザーと共有し、フィルターを入念に調べて確認します。役に立たないと判断される場合は破棄できます。このようなフィルターは正式に承認しないでください。
フィルターを共有するには、次の操作を実行します。
  1. フィルターマネージャで、共有するフィルターの横にあるチェックボックスを選択します。
  2. フィルター管理ツールバーで、「 共有 .
  3. 管理者は、「すべて」を選択できます。また、組織内のグループまたはユーザーを選択することもできます。管理者以外は、個々のユーザーのみを表示できます。検索フィールドを使用して、グループまたはユーザーを検索します。「 共有 」をクリックします。フィルターの横に共有アイコンが表示されます:
  4. フィルター/その他のフィルター/自分と共有に移動して、自分と共有している指標をフィルタリングできます。

フィルターのお気に入りへの登録

セグメントを使いやすく整理するための 1 つの方法として、セグメントをお気に入りに登録することができます。
  1. フィルターマネージャで、お気に入りに登録するフィルターの横にある星をチェックします。星を選択すると星が黄色に変わります。
  2. また、フィルター/その他のフィルター/お気に入りで、お気に入りをフィルタリングすることもできます。