Show Menu
トピック×

Customer Journey Analytics の機能のサポート

次の表のリストは、Adobe Analyticsの機能のうち、Customer Jeurney Analytics(CJA)でサポートされているもの、一部サポートされているもの、サポートされていないものです。 これらのリストは、CJAに機能が追加されると、時間の経過と共に変化します。

完全にサポートされる機能/コンポーネント

機能
メモ
指標
CJAは、エクスペリエンスデータモデル(XDM)を利用し、無制限の指標をサポートします。また、従来のAnalyticsのカスタム成功イベントとは関係ありません。 一部の標準指標の名前が従来のAnalyticsから変更されました。訪問者=人、訪問=セッション、ヒット=イベント。
ディメンション
CJAはXDMを利用し、無制限のディメンションをサポートし、従来のAnalyticsのカスタム成功イベントとは結び付いていません。
リスト変数/リストprop
CJAはXDMを活用し、無制限のリスト変数をサポート
日付範囲
カスタムカレンダーのサポートは予定されています。
計算指標
従来の計算ワークスペース内の既存の分析指標は、CJAに移植されません。
セグメント
現在は「フィルター」と呼ばれています。従来の分析ワークスペース内の既存のセグメントはCJAに移植されません。
Attribution IQ
フルサポート
プロジェクトキュレーション
フルサポート
プロジェクトリンク
フルサポート
日付の比較
フルサポート
仮想レポートスイート
現在はデータ 表示
VRSコンポーネントのキュレーション
データ表示
レポートの時間処理
CJAは、レポートの時間処理のみに依存します。
GDPRの削除
GDPRは現在、と連携して処理されています。CJAは、基盤となるデータセッ Experience Platform トに対するデータ変更をすべ Experience Platform て継承します。

サポート(注意)

機能
メモ
製品変数
エクスペリエンスイベントスキーマ(特にproductListItemsオブジェクトを使用)に準拠したデータのレポートに現在使用できる製品変数です。
ビジュアライゼーション
マップのビジュアライゼーションを除く、すべてのビジュアライゼーションがサポートされます。
AAMオーディエンス
顧客がデータセットを使 Analytics Data Connector 用している場合、このデータはADCデータの一部になります。
プロジェクト共有
プロジェクトの共有は、CJAのユーザー間でのみサポートされます。CJAと従来の分析ワークスペース間でのプロジェクトの共有はサポートされません。
カスタムセッション
モバイルのバックグラウンドヒット以外のすべてのカスタムセッション機能をサポートします。
eVar永続化設定
eVarはCJAの一部ではなくなりました。 ただし、永続化設定はデータ表示の一部になり、すべてのディメンションで使用できます。 永続性は、データ収集処理ではなく、レポートの時間処理に基づくことに注意してください。 つまり、すべての永続性は、データ全体ではなくレポートの日付範囲に基づきます。
分類
現在は「参照データセット」と呼ばれ、従来のAnalyticsから自動的にインポートされません。 CJAで使用する前に、AEPにアップロードする必要があります。
顧客属性
「プロファイルデータセット」と呼ばれるようになりましたが、Experience Cloudから自動的に読み込まれるわけではありませんが、CJAで使用する前にAEPにアップロードする必要があります。

部分的なサポート

機能
メモ
標準搭載の分析ワークスペースディメンション(例:ブラウザータイプ、転送者タイプ、マーケティングチャネル、訪問回数など)
CJAは、これらのディメンションをネイティブに提供しません。 Analytics Data Connector(ADC)を使用するお客様は、これらのディメンションの一部を利用できますが、すべてを利用できるわけではありません。 ADCを介してサポートさ れるAnalytics変数に関するドキュメントを参照してください
パネル
空のパネル、アトリビューションパネル、フリーフォームパネルは完全にサポートされています。 セグメント比較はサポートされていません。
マーチャンダイジングeVar
マーチャンダイジングeVarは、ADCベースのデータセットでのみ機能します。ただし、これらのデータが同じXDMスキーマに厳密に準拠している場合を除きます(前述の製品リストの制限と同様)。
ボットフィルタリング
Analytics Data Connector(ADC)ベースのデータセットの場合、ボットフィルターが適用されます。 他のデータセットの一般的なボットフィルタリングロジックは、またはCJAによって実 Experience Platform 行されません。
処理ルール
ADCベースのデータセットの場合、処理ルールは引き続き適用されます。
デバイス間のIDステッチ
お客様は、クエリサービスを通じて「1回限り」のデータ編集に制限されているか、現在、データ取り込みの前にこのロジックをデータに適用する必要 Experience Platform があります。

現在はサポートされていませんが、計画されています

機能
メモ
異常値検出
サポートが計画されています。
貢献度分析
サポートが計画されています。
Segment IQ
サポートが計画されています。
セグメントの投稿(WorkspaceからExperience Cloudへのセグメントの送信)
サポートが計画されています。
ユーザー権限/データアクセス制御
CJAのすべてのユーザーは同じアクセス制御を持っています。つまり、すべてのユーザーがすべての接続、データ表示などにアクセスできます。 基本的に、すべてのユーザーはCJAの管理者レベルのユーザーです。 2020年はサポートが予定されています。
CSVのダウンロード
サポートが計画されています。
予定レポート/プロジェクト
サポートが計画されています。
アラート
サポートが計画されています。
カスタムカレンダー
サポートが計画されています。
マーケティングチャネル
サポートが計画されています。
PDFの書き出し
サポートが計画されています。
レポートAPIアクセス
サポートは予定されています。API 2.0でのみ利用できます。
デバイスグラフでのIDのステッチ
サポートが計画されています。

サポートはまだ計画されていません

機能
メモ
A4T
サポートはまだ計画されていません。
ビデオ分析
サポートはまだ計画されていません。
Advertising Cloud
サポートはまだ計画されていません。
Report Builder(Excelプラグイン)
サポートはまだ計画されていません。
Activity Map
サポートはまだ計画されていません。
分類ルールビルダー
サポートはまだ計画されていません。
概要データソース
サポートはまだ計画されていません。
リアルタイムレポート
サポートはまだ計画されていません。

サポートされない

機能
メモ
デバイス間協力を使用した人物指標
Reports & Analyticsのダッシュボード
Reports & Analyticsのブックマーク
Reports & Analyticsのターゲット
Reports & Analyticsカレンダーのイベント
Ad Hoc Analysis
Data Warehouse レポート
Experience Platform Query Service は、CJAでこれらの使用事例の新しいインターフェイスになります。
Mobile Services
データフィード