Show Menu
トピック×

顧客の遍歴分析はじめに

顧客の遍歴分析を導入するには、次のワークフローに従う必要があります。 初期タスクの中には、Adobe Experience Platformで実行されるものと、Customer Jeurney Analyticsで実行されるものがあります。

前提条件

カスタマージャーニー分析は、
  • Adobe Analyticsの お客様は
  • Adobe Experience Platform用にプロビジョニングされ ているか
  • 顧客の遍歴分析SKUを購入済み

ワークフロー

タスク
詳細
手順1: データをAdobe Experience Platformに取り込む
この手順は、Adobe Experience Platformで実行され、次のサブ手順を含みます。
  • 手順1a: データスキーマの準備 : Adobe Experience Data Model( XDM)を使用して、顧客体験データを標準化し 、顧客体験管理のスキーマを 定義します
  • 手順1b: スキーマに基づいてデータセットを作成します 。 プラットフォームのデータは、電子メールデータセット、CRMデータセット、POSデータセット、Adobe Analyticsデータセットなどのデータセットで構成されます。 各データセットは、スキーマとデータのバッチで構成されます。 Experience Platform でデータセットを作成できます
  • 手順1c: データをエクスペリエンスプラットフォームに取り込む : 標準搭載のAdobe Analytics Platform Connectorを使用して、従来のAdobe Analyticsデータをプラットフォームに取り込みます。 レポートスイートごとに1つのソース接続を作成できます。 Adobe Experience Platformドキュメントの Adobe Analyticsを使用したソース接続の 作成を参照してください。 接続が作成されると、ターゲットスキーマとデータセットが自動的に作成され、受信データが格納されます。 さらに、データのバックフィルが発生し、最大13か月の履歴データが取り込まれます。 初回インジェストが完了したら、先に進んで、このAnalyticsデータセット Step 2 とCustomer Jeurney Analyticsとの間の接続を作成できます。 また、 バッチ取り込み ストリーミング取り込み 他のソースコネクタを使用して、他のデータタイプを取り込むこともできます
手順2: プラットフォームデータセットとCustomer Jeurney Analytics間の接続の作成
接続を使用すると、Adobe Experience PlatformのデータセットをWorkspaceに統合できます。 エクスペリエンスプラットフォームのデータセットに関するレポートを作成するには、まずExperience PlatformとWorkspaceのデータセット間の接続を確立する必要があります。
「接続の 作成 」を参照してください。
手順3: データ表示の作成
データ表示は、データの「フィルタされた」表示です。 同じ接続に対して異なるデータ表示を作成でき、訪問のタイムアウト、属性などに関する設定を変えることができます。 1つのデータセットに対して複数のデータ表示を作成できます。
データ表示の 作成を参照してください
手順4: Workspaceでのクロスチャネルデータのレポート
接続とデータ表示を作成したら、分析ワークスペースのパワーと柔軟性を使用して導入したデータを分析します。
基本分析 の実行 および詳細分析 の実行を参照してください