Show Menu
トピック×

Customer Journey Analytics の使用例

Customer Journey Analytics では、次の主な使用例を実現できます。
  • ジャーニーのコンテキストと照らし合わせて顧客を把握する :複数のチャネルにまたがるデータを、順番に表示および分析できます。コールセンター、POS(販売時点管理)システム、オンラインプロパティのデータを、1 つのレポートビューに組み合わせることができます。
  • 誰でもインサイトを利用可能 :データアクセスを民主化し、多くの人がデータに基づいたインサイトを活用してよりビジネス上の意思決定おこなえるようにします。顧客体験のあらゆる側面を取り扱う組織に所属するすべてのメンバーが、より完全なデータに基づいて、実際の意思決定を迅速に下すことができます。
  • データアナリスト向けデータサイエンスの機能を活用 :Customer Journey Analytics を使用すると、専門家でなくてもデータサイエンスを活用して、深いインサイトと分析を解き放つことができます。
  • アドホックレポートを使用してデータセットの視覚化や操作をおこなう :Workspace では、いくつかの基本的なルールに準拠した Adobe Experience Platform のデータセットを使用できます。
  • Web 以外の表示データ :Workspace は、「ヒット」または「イベント」の厳密な定義に制限されなくなりました。カスタムスキーマでは、データと定義を完全に制御できます。
  • データ操作をより詳細に制御 :アップロードしたデータの変更、新しいデータセットの作成、Workspace への読み込みをおこないます。Adobe Experience Platform は、Experience Cloud クエリサービスを通じて、ツールのクエリ、抽出、変換および読み込みをおこないます。