Show Menu
トピック×

Customer Journey Analytics のデータ取り込みオプション

Customer Journey Analytics へのデータの取り込みには、様々なオプションがあります。従来の Adobe Analytics データを移動することを想定しているものもあれば、Adobe Experience Platform から直接データを取り込むことを想定しているものもあります。このリファレンスでは、従うべき手順の概要と、より詳細な情報へのリンクを示します。

従来の Adobe Analytics からのデータの取り込み

このワークフローでは、Adobe Analytics データコネクタを使用し、タグマネージャーとして DTM を使用するか、Launch を使用するかによって異なります。

Dynamic Tag Management(DTM)

  1. データレイヤーの作成 をまだおこなっていない場合は、おこないます。データレイヤーは、サイト上の JavaScript オブジェクトのフレームワークで、実装で使用されるすべての変数値が含まれます。データレイヤーを使用すると、実装をより詳細に制御することができ、メンテナンスが容易になります。
  2. DTM を使用して、データ収集用のコードをサイトに導入します(まだ導入していない場合)。Dynamic Tag Management では、単一のデータ層で複数のソースのデータをプッシュできます。
  3. Adobe Experience Platform で Adobe Analytics ソースコネクタ を作成します。このソースコネクタは、 エクスペリエンスデータモデル(XDM)システム と呼ばれる、標準化されたフレームワーク内で Experience Platform に Analytics データを取り込みます。
  4. Customer Journey Analytics を使用して、クロスチャネルレポートのための 1 つ以上の接続とデータ表示を作成します。

Launch を使用

  1. データレイヤーの作成 をまだおこなっていない場合は、おこないます。データレイヤーは、サイト上の JavaScript オブジェクトのフレームワークで、実装で使用されるすべての変数値が含まれます。データレイヤーを使用すると、実装をより詳細に制御することができ、メンテナンスが容易になります。
  2. Adobe Experience Platform Launch を使用して、データ収集用のコードをサイトに導入します(まだ導入していない場合)。Launch は、他のタグ要件と共に Analytics コードを導入できるタグ管理ソリューションです。Launch は他のソリューションや製品との統合を提供し、カスタムコードの導入に対応します。これらのタスクはすべて、組織の開発チームに依存せずに実行できるので、自らサイト上のコードを更新できます。
  3. Adobe Experience Platform で Adobe Analytics ソースコネクタ を作成します。このソースコネクタは、 エクスペリエンスデータモデル(XDM)システム と呼ばれる、標準化されたフレームワーク内で Experience Platform に Analytics データを取り込みます。
  4. Customer Journey Analytics を使用して、クロスチャネルレポートのための 1 つ以上の接続とデータ表示を作成します。