Show Menu
トピック×

フリーフォームテーブルの動的ディメンション項目と静的ディメンション項目

Customer Journey Analytics 内の Analysis Workspace に関するドキュメントを表示しています。この機能セットは、 従来の Adobe Analytics の Analysis Workspace とは少し異なります。 詳細情報...
フリーフォームテーブルでは、行と列に様々なコンポーネント値を含めることができます。 これらの値は、作成する分析に応じて、動的(時間に応じて変更)または静的(時間に応じて変更しない)にできます。

動的ディメンション項目

動的ディメンション項目は、時間と共に変化し、フリーフォームテーブルで並べ替える指標に依存します。 特定の期間のトップアイテムを分析する場合は、動的ディメンション項目をお勧めします。
フリーフォームテーブルにディメンションをドロップすると、動的な行が返されます。 指定した指標と期間のディメンションに対応するトップアイテムを表します。 また、ディメンションをフリーフォームテーブルの列にドロップし、ディメンションを自動的に上位5つのディメンション項目に展開することもできます。
例えば、ブラウザータイプディメンションをテーブルにドラッグすると、上位のブラウザータイプディメンション項目(Microsoft、Apple、Googleなど) 動的にテーブル行に戻ります。 列にドロップすると、上位5つのブラウザータイプディメンション項目が動的に返されます。
動的ディメンション項目には行フィルターオプションがあり、 not ロックとXのアイコンが表示されます。

静的ディメンション項目

静的ディメンション項目は、時間と共に変化しません。これらは、常にフリーフォームテーブルに返される固定コンポーネントです。 静的ディメンション項目は、同じキャンペーンを常に分析する場合に、特定の曜日でも週の特定の曜日でも分析することをお勧めします。
特定のコンポーネント値(ディメンション、指標、セグメント、日付範囲)を手動で選択してテーブルにドロップすると、常に行または列の静的なリストが作成されます。 静的ディメンション項目は、次の操作を行う場合にも作成できます。
  • 行から右クリック/ 選択した行のみを表示
  • 列から右クリック/ 項目を静的にする
例えば、MicrosoftやAppleなどの特定のブラウザータイプ項目にドラッグすると、その2つの特定の項目が常にテーブルに取り込まれます。
静的ディメンション項目は、次のことを行います。 not 行フィルターオプションがある。 代わりに、各項目にロックアイコンとXアイコンが表示されます。 Xアイコンをクリックして、テーブルからそのディメンション項目を削除します。

混在ディメンション項目

異なるディメンションのDimension項目を同じテーブルに追加できます。 この場合、行ヘッダーは「混在Dimension」と表示されます。 これらのディメンション項目は静的です。 例えば、Browser Typeディメンションから特定のディメンション項目を追加し、Browserディメンションから他のディメンション項目を追加します。

フリーフォームの合計行数

フリーフォーム合計行の動的行と静的行の動作が異なります。 デフォルト:
  • 動的な行は、訪問数や訪問者数などのサーバー側と重複解除指標の合計です
  • 静的な行はクライアント側で合計され、実行されます not 重複解除指標 サーバーサイドの行合計を計算するには、「行」設定を 総合計を表示 . 詳細情報