Show Menu
トピック×

Analysis Workspace の概要

Customer Journey Analytics 内の Analysis Workspace に関するドキュメントを表示しています。この機能セットは、 従来の Adobe Analytics の Analysis Workspace とは少し異なります。 詳細情報...
このページは現在開発中です。
Analysis Workspace では、単一の Analytics レポートの通常の制限事項がすべて取り除かれます。堅牢かつ柔軟なキャンバスでカスタム分析プロジェクトを作成できます。任意の数のデータテーブル、ビジュアライゼーション、コンポーネント(ディメンション、指標、セグメントおよび時間の精度)をプロジェクトにドラッグ&ドロップします。分類およびセグメントの作成、分析用のコホートの作成、アラートの作成、セグメントの比較、フローおよびフォールアウト分析をすばやくおこなうほか、レポートのキュレーションとスケジュールをおこなって会社の任意のユーザーと共有します。
このページでは、作業を開始するための基本的な手順について説明します。基本を習得したら、Workspace の高度な機能に進むことができます。例えば、 Attribution IQ 異常値検出 が含まれます。
Analysis Workspace 機能の YouTube プレイリストは、 こちら から参照できます。

シンプルなプロジェクトの作成

プロジェクトには、データテーブルと任意の数のビジュアライゼーションを含め、詳細に調べることができます

テーブルの 2 つの作成方法

分析に対する一般的なアプローチ

手順 1:ディメンションを分析する

トレーニングチュートリアルの定義と例を使用 — このフィードバックは残りのすべての手順に適用されます。

手順 2:指標を追加する

この節では、計算指標の追加について触れます。

手順 3: 日付範囲を変更する

手順 4:ディメンションの分類

手順 5:セグメントのデータへの適用

手順 6:基本的なビジュアライゼーションを追加する

このセクションで「クイックビジュアライゼーション」に関するヒントを共有します

手順 7:高度なビジュアライゼーションを調査する

フロー、フォールアウト、コホート、マップをハイライトします

手順 8:キュレーションして共有する