Show Menu
トピック×

フリーフォームテーブル

Customer Journey Analytics 内の Analysis Workspace に関するドキュメントを表示しています。この機能セットは、 従来の Adobe Analytics の Analysis Workspace とは少し異なります。 詳細情報...
Analysis Workspace では、フリーフォームテーブルは、単なるデータテーブルではなく、インタラクティブなビジュアライゼーションです。 コンポーネント の組み合わせを行と列にドラッグ&ドロップして、分析用のカスタムテーブルを作成できます。各コンポーネントがドロップされると、テーブルが直ちに更新され、迅速な分析が可能になります。
テーブルは、様々な方法でカスタマイズできます。
    • 各ディメンション行は、ページネーションの前に最大 400 行を表示できます。プロジェクトの 表示密度 を調整すると、1 つの画面に表示する行を増やすことができます。
    • 行は、追加のコンポーネントで分類できます。複数の行を一度に分類するには、複数の行を選択し、次のコンポーネントを選択した行の上にドラッグします。 分類 について説明します。
    • 行を フィルタリング して、表示する項目数を減らすここができます。 行設定 で追加の設定を使用できます。
    • 列内にコンポーネントを積み重ねて、セグメント化された指標やクロスタブ分析などを作成できます。
    • 各列の表示は、 列設定 で調整できます。
    • 右クリックメニュー からは、いくつかの操作を実行できます。テーブルのヘッダー、行または列をクリックしたかどうかに応じて、このメニューに表示されるアクションが変わります。

フリーフォームテーブルビルダー

最初に複数のコンポーネントをテーブルに追加し、次にデータをレンダリングすると、フリーフォームテーブルビルダーを有効にできます。ビルダーを有効にすれば、多くのディメンション、分類、指標およびセグメントをドラッグ&ドロップして、より複雑な質問に回答するテーブルを作成できます。データはその場では更新されず、「 ビルド 」をクリックすると更新されます。
データに関する複雑な質問があり、質問に答えるために表を作成したいときに、テーブルビルダーを使用すると時間を節約できます。テーブルビルダーのその他の利点は、次のとおりです。
  • 各アクションがレンダリングされるのを待たずに、必要な形式でテーブルを配置できる。
  • 最大 4 レベルの分類をすばやく実行できる。
  • テーブルの行とディメンションの列ごとに、行と分類の設定を定義できる。
  • デフォルトでは、テーブルの各レベルを​ 位置で分類 ​できる(従来のフリーフォームテーブルの場合、デフォルトは「 項目で分類 」です)。
  • テーブル内の静的な行の順序を手動で指定できる。例:指標行を特定の順序で表示する場合など。
  • 実際のデータをレンダリングする前に、テーブルの形式をプレビューします。
ここ でフリーフォーム表ビルダーの動作を確認します。

フリーフォームテーブルデータの書き出し

フリーフォームテーブルのデータは、次の方法で Analysis Workspace からコピーできます。
  • テーブルヘッダーを右クリックし、「 クリップボードにコピー 」を選択します。これにより、(表示可能な)テーブル全体を書き出します。
  • テーブル内の特定のセルをハイライト表示し、右クリックして「 クリップボードにコピー 」を選択するか、Ctrl + C ホットキーを使用します。
  • プロジェクト/CSV をダウンロード 。これにより、プロジェクト内の表示可能なすべてのテーブルが CSV 形式で書き出されます。