Show Menu
トピック×

ヒストグラム

Customer Journey Analytics内のAnalysis Workspaceに関するドキュメントを表示している。 この機能セットは、従来のAdobeAnalyticsの Analysis Workspaceとは少し異なります 詳細情報...
ヒストグラムは、棒グラフに似ていますが、数を範囲(グループ)でグループ化します。Analytics は、数から範囲への「グループ化」を自動化しますが、 詳細設定 で設定を変更できます。

ヒストグラムのビルド

ヒストグラムを作成するには
  1. 左側のパネルで、 ビジュアライゼーション ​をクリックします。
  2. ヒストグラム ​をパネルにドラッグします。
  3. 指標を選択してヒストグラムビジュアライゼーションにドラッグし、「 ビルド 」をクリックします。
ヒストグラムは、計算指標ではなく、標準指標のみをサポートします。
ここでは、実訪問者数ごとにページビュー数指標を使用しました。最初の(左の)グループは、実訪問者数ごとの 1 ページビューに対応し、2 番目のグループは 2 ページビューに対応します(以下同様)。

詳細設定

ヒストグラム設定を調整するには、右上隅の設定(「ギア」)アイコンをクリックします。変更できる設定を次に示します。
ヒストグラムの設定
説明
開始グループ
どのグループからヒストグラムが始まるかを決定します。1 がデフォルトです。開始の数を 0 から無限大まで(負の数はなし)設定できます。
指標グループ
データ範囲(グループ)の数を増減できます。グループの最大数は 50 です。
指標グループのサイズ
各グループのサイズを設定できます。例えば、グループサイズを 1 ページビューから 2 ページビューに変更できます。
カウント方法
Lets you choose among Visitor , Visit , or Hit Type. 例えば、訪問ごとのページビュー、訪問者ごとのページビュー、ヒットごとのページビューです。ヒットの場合、フリーフォームテーブルの y 軸指標として、「回数」が使用されます。
  • 開始グループ:1、指標グループ:5、指標グループのサイズ:2 は、1~2、3~4、5~6、7~8、9~10 というヒストグラムになります。
  • 開始グループ:0、指標グループ:3、指標グループのサイズ:5 は、0~4、5~9、10~14 というヒストグラムになります。

ヒストグラムデータの表示と編集

ヒストグラムのデータソースを表示または変更するには、ヒストグラムヘッダーの隣の点をクリックして、 データソース設定 データソースを表示 ​に移動します。
テーブルに表示される事前に作成されたセグメントは、内部セグメントで、セグメントセレクターには表示されません。セグメント名の横にある「i」アイコンをクリックし、「 公開する 」をクリックしてセグメントを公開します。
データを分類するなど、フリーフォームデータテーブルおよびその他のビジュアライゼーションを管理するその他の方法を確認するには、 こちら を参照してください。