Show Menu
トピック×

Analytics製品の比較と必要システム構成

このページでは、Adobe Analyticsの各種製品の比較を示します。Analysis Workspace、Reports & Analytics、Report Builder、Data Warehouse、Data Workbench、データフィードおよびAnalytics API 2.0。
どの Adobe Analytics 製品を使用するかについて詳しくは、 こちら に移動します。
製品名とヘルプリンク
アクセス方法
ブラウザーを使用してセットアップします。 詳細情報
ブラウザーを使用してセットアップします。 詳細情報
RESTful APIツール。 AdobeI/O資格情報を使用してログインします。 詳細情報
データ精度
集計
集計
集計
集計
ヒット
ヒット
集計
Experience CloudID (ECID)が使用可能
×
×
×
×
使用可能なタイムスタンプ
×
×
×
×
×
処理レベル
完全処理済み
フル処理済みで、個別の リアルタイムレポートを使用
フル処理済みで、個別の リアルタイムレポートを使用
完全処理済み
完全処理済み
完全処理済み
完全処理済み
管理ボットフィルタデータが含まれています
×
はい — 個別のボットレポート
はい — 個別のボットレポート
×
×
×
×
トラフィックが少ない(ユニークが超過しました)
×
×
×
表示される行数制限(ページ分割前)
400
200
50000
制限なし
制限なし
制限なし
50000
複数のレポートスイート
○(制限あり)
×
×
分類の数
制限なし
~ 2
~ 2
制限なし
制限なし
制限なし
無制限、複数のクエリに対して実行
セグメント化
×
計算指標
×
×
マーケティングチャネル
コホート分析
×
×
×
×
×
アトリビューション
制限あり
制限あり
×
×
Virtual Analystの機能
×
×
×
×
×
キュレーション
○ — プロジェクトとVRS
×
×
×
×
×
○ - VRSのみ
プロジェクトの共有
はい(プロジェクトロールあり)
×
×
×
配信予定
×
×
配信先
電子メール
電子メール
電子メール、FTP、SFTP、Microsoft PowerBIへ の公開
電子メール、FTP。 SFTP、Azure Blob、AmazonS3など、追加の宛先サポートについては、カスタマーケアにお問い合わせください。
-
FTP、SFTP、Azure Blob、AmazonS3
-
VRSレポートの時間処理
×
×
×
×
×