Show Menu
トピック×

内部 URL フィルター

内部 URL フィルターは、サイト内部のリファラーを識別します。トラフィックソースレポートにデータを入力したり、内部トラフィックにフィルターをかけるのに役立ちます。
リファラー(参照元ページ)は、通常訪問者がサイトを訪問する前に表示したページです。データの歪曲を避けるために、自社の内部リファラーをフィルターして除外できます。レポートでは、 リファラーレポート 参照ドメインレポート 、その他の検索方法レポートから、フィルタリングされたリファラーを除外します。
トラフィックソースレポートにデータが入力されない理由で最も多いのは、内部 URL フィルターリストが定義されていないというものです。どの内部 URL フィルターがレポートスイートで設定されているかをチェックするには、これらの手順に従います。この問題を回避するには、フィルターとしてピリオド(.)がリストされているルールを削除し、自分のサイトを追加します。
ピリオドがデフォルトの内部 URL フィルターであるのは、ページレポートでデータが収集できるようにするためです。ヒットが内部 URL フィルターに一致しない場合、すべてのページが「その他」として表示されます。ピリオドは常に URL に含まれているので、ページレポートに入力されることが保証されます。