Show Menu
トピック×

GDPR/eプライバシー・コンプライアンスとサーバ側転送

ここでは、2017 年 9 月 30 日に施行された EU Cookie コンプライアンス規定 によるサーバー側転送に対する最近の機能強化について説明します。
Server-side forwarding is used to share data from Adobe Analytics to other Experience Cloud Solutions, such as Audience Manager, in real time. サーバー側転送が有効な場合、Analytics が他の Experience Cloud ソリューションにデータをプッシュできるほか、データ収集プロセス中にこれらのソリューションから Analytics にデータをプッシュできます。
最近まで、サーバー側転送には、同意および同意前のイベント/ヒットを説明する方法がありませんでした。2018 年 11 月 1 日以降、データ管理者であるお客様(Adobe Analytics のお客様)には、同意前のデータを Adobe Analytics に限定して、AAM に転送しないようにするオプションがあります。新しい実装コンテキスト変数を使用すると、同意を受けていないヒットにフラグを設定できます。この変数を設定すると、同意を受け取るまで、これらのヒットは AAM に送信されません。
When this new context variable, cm.ssf=1 , exists on a hit, this hit gets flagged and does not get server-side-forwarded to AAM. 反対に、この文字列がヒットにない場合、ヒットは AAM に転送されます。
サーバー側転送は双方向です。つまり、ヒットに適用されてそのヒットが AAM に転送されると、Audience Analytics は、AAM からそのヒットに関するセグメント情報を受け取り、Analytics に送り返します。結果として、Analytics から AAM にサーバー側転送されていないヒットは、AAM からのセグメント ID のリストで強化されません。したがって、AAM からセグメント ID 情報を取得しないトラフィック/ヒットのサブセットになります。

実装の詳細

実装方法に応じて、次の手順に従います。
実装方法
手順
Adobe Experience Platform Launch
Adobe Analytics拡張機能がインストールされている場合は、ルールのアクション設定内のカスタムコードエディターに次のコンテキストデータ変数定義を追加します。
s.contextData['cm.ssf'] = '1'
注: 顧客がターゲットのマーケティングに同意しない場合は、contextdata変数を定義し、1に設定します。 Set the contextdata variable to 0 for customers who consented to targeted marketing.
DTM
コンテキストデータ変数定義をカスタムページコードエディターに追加します。
s.contextData['cm.ssf'] = '1'
注意:ターゲットのマーケティングに顧客が同意していない場合、contextdata 変数を定義して、1 に設定します。ターゲットのマーケティングに同意した顧客については、contextdata 変数を 0 に設定します。
AppMeasurement
コンテキストデータ変数定義を AppMeasurement.js ファイルに追加します。
s.contextData['cm.ssf'] = '1'
注意:ターゲットのマーケティングに顧客が同意していない場合、contextdata 変数を定義して、1 に設定します。ターゲットのマーケティングに同意した顧客については、contextdata 変数を 0 に設定します。

Reporting (Optional)

Adobe Analyticsを使用して、同意ベースのトラフィック量と、その結果としてサーバー側で転送されたトラフィック量、および同意ベースでなくAAMに転送されていないトラフィック量をレポートできます。
このタイプのレポートを設定するには、処理ルールを使用して、新しいコンテキスト変数をカスタムトラフィック変数(prop)にマッピングします。次に手順を示します。
  1. 「cm.ssf」変数を実装します(上図を参照)。
  2. 処理ルールを使用して、コンテキスト変数を prop にマッピングします。
    1. Analytics /管理者 /レポ ートスイ ートに移動し 、レポートスイートを選択します。
    2. Click Edit Report Suite > General > Processing Rules .
    3. ルールを追加」をクリックします。
    4. Under Always Execute , overwrite the value of the prop you had enabled with the context variable "cm.ssf(Context Data)".
    5. 保存 」をクリックします。