Show Menu
トピック×

レポートスイートのデータガバナンス設定の表示/管理

管理ツールのデータガバナンスダイアログには、Experience Cloud 組織にマッピングされているかどうかや、データ保持ポリシーが設定されているかどうかなど、データガバナンスが設定されているレポートスイートの概要が表示されます。
  1. Adobe Experience Cloud にログインします。
  2. Analytics Admin Data Governance に移動します。
    ログイン会社のレポートスイートがすべて表示されます。
設定 説明
レポートスイート
1 行目では、レポートスイートのわかりやすい名前がリストされます。2 行目には、レポートスイートの内部名が含まれます。レポートスイートのラベルを設定することを許可されている場合、最初の行は、ラベル設定ページに移動するクリック可能なリンクになります。
組織のマッピング
  • マップ済み :このレポートスイートは、ログインした Analytics ログイン会社として、同じ Experience Cloud 組織に既にマッピングされています。この設定のあるレポートスイートのみ、ラベル設定できます。
  • レポートスイートをマップ :このリンクをクリックすると、Experience Cloud 組織に レポートスイートをマップ できます。
    すると、Experience Cloud 組織 – レポートスイートマッピング管理ページにリダイレクトされます。そこから、レポートスイートを検索して適切な組織に割り当てる必要があります。それが完了したら、このデータガバナンス画面に戻ります。
  • 別の組織にマップ済み :このレポートスイートは、別の Experience Cloud 組織に既にマッピングされています。
データ保持ポリシー
Analytics のデータプライバシー実装では、データ保持ポリシーを適用する必要があります。
この設定では、以下の点を確認できます。
  • このレポートスイートに対してデータ保持ポリシーが適用されているかどうか。
  • アドビによってデータが保持される期間(この期間を過ぎると削除されます)。デフォルトのデータ保持期間は 25 ヶ月です。
注意:データ保持期間が設定されていないと、Adobe Analytics は、データプライバシー API への要求の処理(お客様のエンドユーザーからのアクセス要求または削除要求の処理)をサポートすることはできません。データ保持期間の設定については、カスタマーサクセスマネージャーまでお問い合わせください。
グループ
グループ機能は、現在、実装されていません。
左側のサイドバー
ファネルアイコンをクリックして、サイドバーを開いたり閉じたりします。
「組織のマッピング」セクションには、説明された各カテゴリに分類されたレポートスイートの数が表示されます。
「データ保持ポリシー」セクションには、お客様の組織で現在実施されている独自の各データ保持ポリシーと、その保持ポリシーに割り当てられたレポートスイートの数が表示されます。
CSV に書き出し
1 つまたは複数のレポートスイートの隣のチェックボックスをオンにすると、「 CSV に書き出し 」オプションが表示されます。このオプションを使用すると、選択したすべてのレポートスイートのすべての変数に関する現在のすべてのラベル定義が含まれた CSV ファイルをダウンロードできます。
アドビでは、自社の法務チームにラベル設定の選択を確認することをお勧めしています。このオプションによって、この確認が容易になります。データガバナンス UI にログインしてレビューを実行しなくても、法務チームと .CSV ファイルを共有できます。