Show Menu
トピック×

ロールアップレポートスイートとグローバルレポートスイート

ロールアップレポートスイートは、複数の子レポートスイートからデータを集計してまとめたデータセットの形で表示します。ページビュー数、売上高、その他の基本的なディメンションなど、合計された合計を確認するのに便利な場所です。 追加の実装が必要ないので、ロールアップはよく使用されます。

レポートスイートタイプの定義

グローバルレポートスイート :複数のドメイン間でイメージリクエストを単一のグローバルレポートスイートに送信するように実装が変更されます。 ヒットも個々のレポートスイートに送信される場合は、マルチスイートタギングと呼ばれます。
ロールアップレポートスイート :管理ツールで作成されます。毎日の終わりに各指標の集計をおこないます。
  • ロールアップは無料で使用でき、サーバーコールの使用量は増えません。
  • ロールアップは合計データを提供しますが、レポート内の個々の値はレポートしません。例えば、eVar1 値は含まれず、その集計合計が含まれます。
  • 複数のレポートスイートにまたがるデータを組み合わせる際、データの重複は除外されません。
  • ロールアップは毎晩実行されます。
  • レポートスイートを既存のロールアップに追加する場合、履歴データはロールアップには含められません。
  • ロールアップが正常に機能するためには、すべての子レポートスイートにデータが存在する必要があります。新しいレポートスイートがロールアップに含まれている場合には、それらのレポートスイートに少なくとも 1 つのページビューを送ってください。
  • ロールアップレポートスイートの子レポートスイートは 40 個が上限です。
  • ロールアップレポートスイートのイベントは 100 個が上限です。
  • ロールアップレポートスイートに含まれるデータは、分類やセグメントをサポートしていません。
  • ページレポートは、子スイートレベルで指標に関するレポートを作成する、最頻訪問サイトレポートに置き換えられます。

ロールアップレポートスイートとグローバルレポートスイートの比較

セカンダリサーバーコール :ロールアップでは、単一のレポートスイートで収集される以外の追加のサーバー呼び出しは発生しません。 組織でマルチスイートタギングを使用している場合、イメージリクエストに含まれる追加の各レポートスイートに対してセカンダリサーバコールが実行されます。
仮想レポートスイートを持つグローバルレポートスイートのみを使 用する場合 、セカンダリサーバーコールは必要ありません。
実装の変更 :ロールアップでは実装の変更は必要ありませんが、グローバルレポートスイートでは実装にグローバルレポートスイートIDを含める必要があります。
複製 :グローバルレポートスイートでは個別訪問者の重複を除外するのに対して、ロールアップでは重複除外が実行されません。例えば、ユーザーが同じ日に 3 つのドメインを訪問した場合であれば、ロールアップでは 1 日に訪問者が 3 名であったとカウントされます。これに対して、グローバルレポートスイートでは、個別訪問者が 1 名であるという記録になります。
時間枠 :ロールアップでは毎日午前 0 時に処理を実行するのに対して、グローバルレポートスイートでは、標準待ち時間に従ってデータを報告します。
:ロールアップでは、レポートスイート間で通信する方法がありません。 グローバルレポートスイートは、レポートスイート間のコンバージョン変数のクレジットを考慮し、複数のレポートスイート間のパスを提供できます。
履歴データ :ロールアップでは履歴データを集計できるのに対して、グローバルレポートスイートでは導入時点からのデータを報告するにとどまります。
レポート :グローバルレポートスイートは、すべてのディメンションに関するデータを提供します。ロールアップは、高レベルのレポートにのみ集計データを提供します。
サポート対象製品 :ロールアップはReports & Analyticsでのみ使用できます。 Analysis Workspace、Data WarehouseまたはAd Hoc Analysisではサポートされていません。 グローバルレポートスイートは、すべての製品で使用できます。
集計レポートスイートの数 :ロールアップでサポートされる子レポートスイートは40個までです。 グローバルレポートスイートは、所有する任意の数のドメインまたはアプリに実装できます。