Show Menu
トピック×

サーバーコールの使用に関するアラート

アラートをセットアップすると、課金会社のすべてのログイン会社におけるすべてのレポートスイートに適用されます。

概要

A new alert category called Server Calls Usage Alert is part of the existing Alert Management user interface.
It is pre-populated with 1 default alert that appears within any login company that has access to the Server Call Usage feature. このアラートは、次のいずれかの条件を満たしている場合に、すべてのログイン会社の管理者に宛てた通知をトリガーします。
  • 該当するあらゆるサーバーコールタイプの「あらゆる」サーバーコール使用状況が 100 %「以上」である。
  • 該当するあらゆるサーバーコールタイプの「あらゆる」サーバーコール使用状況が 90 %「以上」である。
  • 該当するあらゆるサーバーコールタイプの「あらゆる」サーバーコール使用状況が 75 %「以上」で、かつ、「経過した使用期間」が使用期間全体の 75 %「以下」である。
サーバーコールの使用状況アラートには、以下の 2 とおりの方法でアクセスできます。
  • 「現在の使用状況」タブまたは「レポートスイートの使用状況」タブの右上隅にある「 アラートを管理」をクリックします。
  • Navigate to Components > Alerts in Adobe Analytics.

サーバーコールの使用状況アラートの作成

追加のアラートを作成するには、以下の手順に従います。
  1. Click + Add and select Server Call Usage Alert .
  2. アラートを定義します。
    • タイトル :わかりやすい名前を指定します。 名前を付けずにアラートを保存することはできません。
    • 時間の精度 :アラートがチェックされる頻度を示します。 現時点では、週 1 回の精度のみサポートしています。 ​つまり、アラートは週 1 回のペースでチェックされ、現在の使用期間のデータを振り返ります。
    • 受信者 :アラートが指定したしきい値をトリガーしたときに電子メールを受け取る必要のある組織上の任意のユーザーを指定します。
    • 有効期限 :デフォルトでは、有効期限はアラート作成日から1年です。
    • 次の場合にアラートを送信 :
      • いずれかの指標トリガーサーバー呼び出しのタイプを指標として追加し、修飾子としきい値を選択してアラートしきい値を指定します。
        • 以上
        • 以下
      • 「使用期間」のしきい値と条件(「使用期間」の値以上、「以下」または「等しい」)を指定します。
  3. 保存 」をクリックします。

サーバーコールの使用状況アラートの管理

アラートを管理するには、以下の手順に従います。
  1. 1 つ以上のアラートのチェックボックスを選択します。アラート管理のアクションが上部に表示されます。
  2. 以下のアクションを 1 つ以上実行します。
    アクション
    定義
    + 追加
    + 追加 」をクリックすると、アラートビルダーにアクセスします。
    タグ付け
    アラートにタグを付けて、使いやすいように整理します。
    削除
    デフォルトアラートを除くすべてのアラートを削除できます。
    名前変更
    デフォルトアラートを除くすべてのアラートの名前を変更できます。
    承認
    アラートを承認して、「正式な」アラートにします。
    有効 / 無効
    デフォルトアラートを含め、すべてのアラートを有効または無効にすることができます。
    更新
    1 つ以上のアラートを選択すると、それらを更新できます。これにより、元の有効期限日に関係なく、有効期限日を「更新」をクリックした日の 1 年先に延長できます。
    CSV にエクスポート
    使用状況レポートのダウンロード を参照してください。