Show Menu
トピック×

トラフィック増加に対して必要なリードタイム

新しいアカウントの設定、トラフィックスパイク、トラフィック増加について、アドビに事前に通知する必要があります。遅延やシステム全体への悪影響の可能性を最小限に抑えるため、ハードウェアを事前に割り当てる必要があるためです。
Reports & Analytics ユーザーインターフェイスを通じてアラートを送信することによって、ハードウェアの割り当てが進められます。
アドビは、「プレースホルダー」のトラフィック変更リクエストに対応できません。特に指示のない限り、アラートを早く送信しすぎないことを含め、できる限り推奨リードタイムを守ってください。詳しくは、 トラフィックスパイクのスケジュール 、または 恒常的なトラフィック増加の指定 を参照してください。
次のガイドラインを使用して、どの程度事前にトラフィックアラートを送信する必要があるかを決定します。

ハードウェア割り当てのリードタイム

日別トラフィック予測(ヒット数)
必要なリードタイム(1 ~ 10 月)
必要なリードタイム(11 ~ 12 月)
~ 1,000,000 リードタイム不要 リードタイム不要
1,000,000 ~ 5,000,000 2 営業日 11 ~ 12 月を対象とするすべてのトラフィック増加については、9 月 1 日までに提出する必要があります。休暇中のトラフィック調整に必要な場合に、キャパシティを購入する時間を見込んでいるためです。
5,000,000 ~ 10,000,000 1 週間
10,000,000 ~ 25,000,000 2 週間
25,000,000 ~
1 ヶ月以上
その他の考慮事項:
  • 上昇または増加し始めているレポートスイートがいくつかあり、予測トラフィックの合計が前述の数値の範囲にある場合、各レポートスイートの予測トラフィックの合計としてリードタイムが適用されます。
  • 次の情報を利用可能にして、トラフィックの変更を送信できます。
    • レポートスイート ID
    • 1 日あたりの予測ヒット数
    • Go Live 日
  • トラフィックが減少している場合やレポートスイート廃止の場合も、クライアントアラートが必要です。

トラフィックが実現しなかったことによるハードウェアの割り当て解除

クライアントアラートで予測されたトラフィックが「Go Live 日」から 4 週間以内に実現しない場合、新しいアカウント、トラフィックスパイク、トラフィック増加用のハードウェアの割り当ては解除されます。引き続きトラフィックが予想される場合、トラフィックが増加したら新しいクライアントアラートを生成する必要があります。