Show Menu
トピック×

CSV ファイルへの書き出し

標準モードで、Analytics データを Activity Map からコンマ区切り値(CSV)ファイルに書き出します。
ユーザーは、リンククリックデータを他のデータソースと結合するか、他の分析(Excel などで)を実行することが必要になる場合があります。CSV にエクスポートすることにより、特定のページのすべての Activity Map データを利用しやすい形式で入手できます。あるページに関して生成された分析データをフラットな CSV ファイルに保存できるので、 Page Report, Page Flow Report , and Links on Page data. その後、スプレッドシートまたはテキストファイルとして表示したり、別のシステムにデータをインポートしたりできます。
Activity Map ツールバーの書き出しアイコンをクリックします。
Activity Map により、Adobe Analytics ページ名に基づいてファイル名が生成され、日付とタイムスタンプが付加されます(Pagename_DateTime.csv)。このファイルは、対応するブラウザーのデフォルトのダウンロードディレクトリの下に保存されます。
書き出し情報
説明
ページ指標レポート
ページでの滞在時間、ページのクリック数および合計ページ表示回数を含む、Analytics のページ指標データ。
ページの詳細レポート
内部エントリまたは外部参照の前のページ、および離脱データをを特定する、ページエントリおよび離脱情報。
ページ上のリンクレポート
標準モードまたはライブモードの特定のページのリンク情報。