Show Menu
トピック×

Workspaceの複数のレポートスイート

この機能は現在ベータ版テスト中で、2020年の初めにリリースされる予定です。
複数のレポートスイートのデータを使用して、Analysis Workspaceでプロジェクトを作成できるようになりました。 レポートスイートがパネルレベルで選択され、同じWorkspaceプロジェクト内の各パネルに対して異なるレポートスイートを選択できるようになりました。
この機能は、例えば、
  • 2つの異なる地域のデータを比較し、データは2つの異なるレポートスイートに存在します。 テーブルとビジュアライゼーションを作成して、データを並べて比較できます。
  • 指標とビジュアライゼーションのダッシュボードを作成して、他の組織にレポートアウトします。 様々なレポートスイートから同じプロジェクト内にデータを取り込めるようになりました。

アクティブパネル

この機能を使用して、「アクティブパネル」と「非アクティブパネル」の概念を導入します。 アクティブなパネルは、その周りの明るい青の境界線で認識できます。 パネル内をクリックするだけで、そのパネルがアクティブパネルになります。
他のパネルが同じレポートスイートを 持っている場合でも 、コンポーネントはアクティブなパネルにのみドラッグ&ドロップできます。 ドラッグ&ドロップ中にパネルを変更する場合は、ショートカットを使用できます。ドラッグ shift 中に押すと、非アクティブなパネルがアクティブなパネルに変わります。
タスク
アクティブパネル
非アクティブパネル
レポート スイートの変更
×
コンポーネントのドラッグ&ドロップ
×
ビジュアライゼーションのドラッグ&ドロップ
×

複数のレポートスイートの操作

  1. 2つ以上のパネルを含む新しいプロジェクトをWorkspaceで作成します。
  2. コンポーネント(指標、ディメンション、セグメント、日付範囲)をパネルにドラッグ&ドロップします。 パネルに、レポートスイートに固有のデータとビジュアライゼーションが含まれていることを確認します。
    プロジェクトを読み込む(またはレポートスイートに切り替える)際に、プロジェクトに含まれていないコンポーネントがレポートスイートに含まれている場合に、「互換性のないレポートスイート」というメッセージが表示されることがあります。 見つからないコンポーネントが表示されます。 必要な指 /ディメンションに権限を設定するには、次の手順に従います。
    1. この非互換性に対処する3つのオプションがあります。
    • 一部の見つからないコンポーネントに進みます。
    • 元に戻す.
    • レポートスイートの変更.
  3. パネルを別のレポートスイートに変更し、新しいレポートスイートに基づいてコンポーネントのラベル(現在アクティブなレポートスイート)と一覧表示されるコンポーネントが更新されていることを確認します。
  4. 非アクティブなパネルをアクティブなパ shift ネルに切り替えるには、キーボードショートカットを使用します(ドラッグ中)。
  5. (オプション)他のAnalyticsコンポーネントビルダーに移動して、これらのビルダーが、
    • セグメントの作成場所(セグメントビルダー)。
    • 計算指標が作成される場所(計算指標ビルダー)。
    • アラートの作成場所(アラートビルダー)。