Show Menu
トピック×

「元に戻す」および「やり直し」の設定

Workspace プロジェクト /「 元に戻す」または「やり直し
  • やり直し 」オプション(元に戻した操作をやり直す)は​ 編集 ​メニューにあります。
  • 保存 」をクリックしても「 元に戻す 」のスタックはクリアされません。
  • 「新規プロジェクト 」または「 既存のプロジェクトを開く 」を使用すると、「 元に戻す 」のスタックがクリアされます。
  • レポートスイートの変更の取り消し/やり直しをおこなうことができます。
  • プロジェクト名の近くに取り消し/やり直しのメッセージが表示されます。このメッセージは、取り消しまたはやり直しが進行中であることを示します。
  • 次の ホットキー を使用できます。
    • Ctrl(または Command)+ Z(「元に戻す」)
    • Ctrl(または Command)+ Shift + Z(「やり直し」)

元に戻す/やり直すことができる操作

  • キュレーション
  • すべてクリア
  • 期間
  • 貢献度分析
  • セグメント比較
  • プロジェクト名
  • レポートスイートの選択
  • ビジュアライゼーションの追加/削除
  • パネルまたはビジュアライゼーションの折りたたみ/展開
  • ホットキー(Ctrl(または Command)+ Z による「元に戻す」、Ctrl(または Command)+ Shift + Z による「やり直し」)を使用した挿入
  • パネルの挿入
  • パネルの右クリックオプション(「パネルをコピー」、「すべてのパネルを折りたたむ」、「すべてのパネルを展開」、「パネル内のすべてのビジュアライゼーションを折りたたむ」、「パネル内のすべてのビジュアライゼーションを展開」、パネルの「説明を編集」)
  • フリーフォームパネルへの変更
  • ビジュアライゼーションのサイズ、パネルサイズ、ビジュアライゼーションの位置の変更
  • フリーフォームの右クリックオプション
  • 選択
  • ビジュアライゼーションの凡例の選択
  • パネルへのセグメントの追加
  • グラフのビジュアライゼーション設定
  • 凡例ラベルの編集
  • マジックビジュアライゼーション
  • データソース設定
  • フォールアウトのタッチポイントおよびビジュアライゼーションの設定
  • フローノードの変更およびビジュアライゼーションの設定
  • ヒストグラムおよびビジュアライゼーションの設定
  • ベンおよびビジュアライゼーションの設定
  • コホート(精度の変更の取り消し、インクルージョン指標およびリターン指標の追加または変更の取り消し、「リセット」の取り消し、「レポートの実行」の取り消し)
  • フロー、ベン、ヒストグラムのやり直し
  • 説明を編集
  • ビジュアライゼーションをコピー

元に戻す/やり直すことができない操作

  • プロジェクト情報および設定の変更(「タグを追加」、説明の変更、「繰り返しインスタンスをカウント」設定)
  • ランディングページとして設定
  • 新規追加(セグメント/指標/日付範囲/アラート)
  • プロジェクトを共有、プロジェクトリンクを取得、ファイルを(今すぐまたはスケジュールに従って)送信
  • フロービジュアライゼーションの「このパスのセグメントを作成」
  • 計算指標を作成
  • 日付範囲を作成