Show Menu
トピック×

キュレーション/共有の概要

キュレーションを使用すると、プロジェクトを共有する前にコンポーネントを制限できます。社内のマーケティング担当者およびその他のアナリストでないユーザーと、プロジェクトおよびそのコンポーネントを共有できます。プロジェクトに注釈を付けたりタグを適用したりします。
ビデオ概要

Workspace /共有 ェクトデータのキュレーション

プロジェクトデータのキュレーション

  1. プロジェクトを作成およびキュレーションするための権限を指定します。
    Before creating or curating an Analysis Workspace project, administrators must add you to a group with the Analysis Workspace Access permission enabled, or to the All Report Access user group. ( Admin > User Management > Groups ).
  2. プロジェクトを作成し 、保存して、共有 /プロジェクトデータをキ ュレーションをクリックします 。
  3. 共有したいコンポーネントを、左側にあるドラッグ可能なコンポーネントスタックから「 キュレートされたコンポーネント」フィールドにドラッグします。
    プロジェクトを共有する場合は、コンポーネントのキュレーションは必要ありません。 プロジェクトをすべての利用可能なデフォルトコンポーネント、または選択したコンポーネントと共有できます。To preserve all of the default components in a project, a best practice is to create a copy of a project for yourself (using Save As ) prior to curating components. プロジェクト内でコンポーネントをキュレーションすると、その他のコンポーネントをそのプロジェクトで使用できなくなります。
  4. 完了 をクリックします。
生成されるプロジェクトは、Analysis Workspace の通常のプロジェクトのように動作しますが、選択できるのは指定したコンポーネントだけです。

キュレーションされたプロジェクトの共有

共有機能を使用すると、このプロジェクトを組織内の他の Analysis Workspace ユーザーも利用できるようになります。他のユーザーがこのプロジェクトを使用する際には、すでに実行したキュレーションがすべて反映されています。
  1. After you curate the components of a report, click Share > Share Project .
  2. 受信者を追加します。
  3. (オプション)埋め込みプロジェクトコンポーネント(セグメント、計算指標、日付範囲)をすべての受信者と共有できます。共有後、これらのコンポーネントは受信者のワークスペースのコンポーネントドロップダウンに表示されます。
    この設定は保持されません。共有時の単数の操作です。
  4. オプションで、このページを受信者のランディングページとして設定できます。
    この設定は保持されません。共有時の単数の操作です。
  5. 共有 」をクリックします。