Show Menu
トピック×

PDF ファイルまたは CSV ファイルのダウンロード Workspaceから

Analysis Workspaceからデータをエクスポートする方法は、ツール以外で分析するデータのセットと、その情報を受け取る必要があるユーザーに応じて異なります。 書き出されたデータは、コピーされたデータ、CSV、PDFファイルの形式にすることができます。 通常、ファイルにビジュアライゼーションを含める場合はPDFをお勧めします。プレーンテキストデータを含める場合はCSV(またはコピーしたデータ)をお勧めします。

プロジェクトをCSVまたはPDFとしてダウンロード

プロジェクト全体をダウンロードするには、 プロジェクト/PDFとしてダウンロード(またはCSVとして)に移動し ​ます。 ダウンロードしたファイルには、プロジェクト内に表示されている(表示されている)すべてのテーブルとビジュアライゼーションが含まれています。 ファイルにビジュアライゼーションを含める場合はPDFをお勧めしますが、プレーンテキストデータを含める場合はCSVをお勧めします。
プロジェクトをダウンロードする場合は、次の点に注意してください。
  • プロジェクトのダウンロードを要求すると、プロジェクトを保存または未保存にできます。 ただし、スケジュールできるのは保存されたプロジェクト のみ
  • PDF形式でレンダリングする前にAdobeサーバーでプロジェクトが再実行されるので、ブラウザーでダウンロードしたPDFは、書き出しに数分かかる場合があります。 PDF がブラウザーでダウンロードされるまで、プロジェクトを終了しないことをお勧めします。ただし、待っている間も引き続きプロジェクトに変更を加えることができます。PDFのレンダリングに5分以上かかる場合は、代わりに電子メールで送信するよう求められます。
  • PDFダウンロードは、ページ番号が適用されない単一のページとしてレンダリングされます。
  • プロジェクトがPDFにレンダリングされると、ページ上の内容がレンダリングされます。 プロジェクトにカスタムサイズのビジュアライゼーションとパネルが含まれている場合、内容が切り詰められないように、自動サイズに変更する必要があります(右上隅のボタン)。

データをクリップボードにコピー(ホットキー:Ctrl + C)

右クリックして「 クリップボードにコピー 」を選択すると、Workspaceからデータをすばやくコピーして他の場所に貼り付けることができます。
  • 表示された表をコピーする場合は、表のヘッダーを右クリックし、「データをクリップボードに コピー 」を選択します。
  • データのサブセットをコピーする場合は、テーブル内で選択範囲を作成し、右クリックして、「選択範囲をクリップボードに コピー 」を選択します。
さらに、ホットキーは選択した内容をクリップボードに Ctrl+C コピーします。 コピーが完了したら、別のツールに移動して、情報(またはヒット Ctrl+V )を貼り付けることができます。

データを CSV としてダウンロード

右クリック # オプションを使用すると、データのテーブルまたはビジュアライゼーションのデータソースをCSVとしてダウンロードできます。
  • 任意のテーブルまたはビジュアライゼーションのヘッダーから、「データをCSVとして ダウンロード 」を右クリックします。 これにより、テーブルに表示されたデータやビジュアライゼーションの基になるデータソースがCSVとしてダウンロードされます。 注意:マップのビジュアライゼーションは、このオプションをサポートしていません。
  • テーブルで選択を行った場合、このオプションでは「選択をCSVとして ダウンロード 」と表示されます。 このオプションを選択した項目のみがダウンロードされます。表示されている表全体ではダウンロードされません。

項目を CSV としてダウンロード

表に表示されている400行を超えるデータを分析する場合は、表のヘッダーまたは行を右クリックし、「DimensionをCSVとして ダウンロード(アイテム名) 」を選択します。 このオプションでは、選択したディメンションに対して(テーブルの並べ替えに基づいて)最大50,000個のディメンション項目をエクスポートし、フィルターとセグメントを適用します。 テーブルの上部からこのオプションを選択した場合、テーブルの最初のディメンションがエクスポートされます。 フリーフォームテーブルに制限は適用されませんが、最適なパフォーマンスを確保するために、「項目をダウンロード」オプションを20列未満のテーブルで使用することをお勧めします。
ディメンションが50,000項目を超える場合は、異なる並べ替え指標が適用されたファイルをダウンロードするか、フィルターを適用します。 例えば、1つのダウンロードでは訪問回数の降順で並べ替え、2つ目のダウンロードでは訪問回数の昇順で並べ替えます。 このヒントは、より長い尾を持つ項目を取得するのに役立ちます。
プロジェクト内で複数のタスクを使用できます。また、ダウンロードの進行中に、同じタブで新しいWorkspaceプロジェクトに移動することもできます。 新しいブラウザータブを開くと、ダウンロードは一時停止します。 Workspaceを完全に終了するか、ブラウザータブを閉じると、ダウンロードはキャンセルされます。

ダウンロードした項目ファイル

この表の機能は、次のようにダウンロードされたファイルに適用されます。
  • すべてのパネルセグメントがフィルターとして適用されます。
  • テーブルで選択 したディメンションの上にある分類は 、各列の上にフィルターとして適用されます。
  • テーブル内で選択 したディメンション の下の分類が削除されます。
上の例では、ページアイテムが、パネルセグメント(新規訪問者のお客様)と上のコンポーネント(マーケティングチャネル=電子メール)をフィルターとして適用してダウンロードされ、下のコンポーネント(モバイルデバイスタイプ)がダウンロードされたCSVから削除されます。

ダウンロード通知

ファイルがダウンロードされると、進行状況を示す情報通知が表示されます。 「ダウンロードをキャンセル」をクリックすると、いつでもダウンロードを キャンセルできます 。 トーストを閉じても、ダウンロード はキャンセルされません
ファイルが完了すると、完了通知が表示され、ファイルがブラウザにダウンロードされます。
一度に複数のダウンロードをリクエストする場合、追加のダウンロードが1つずつ、前回のダウンロードが完了するまでキューに入れられるという通知を受け取ります。

FAQ

質問
回答
ダウンロードしたPDFが1ページになるのはなぜですか?
現時点では、Workspaceでは、ダウンロードされたPDFのページ番号は付けられません。
「アイテムをCSV形式でダウンロード」オプションを使用して50,000個を超えるアイテムをエクスポートできますか。
各ダウンロードには最大50,000個のディメンション項目を含めることができますが、テーブルの種類を変更してより長い末尾の項目を取得したり、フィルターを適用してより詳細な項目をダウンロードしたりできます。
ビジュアライゼーションの コピーは ?
コピーのビジュアライゼーション は書き出しオプションではありません。 Workspace内のある場所から別の場所にビジュアライゼーションまたはパネルをコピーできます。 例えば、同じプロジェクト内のパネル間、または1つのプロジェクトから別のプロジェクト間などです。 ビデオを見る