Show Menu
トピック×

パネルの概要

パネル は、テーブルとビジュアライゼーションの集まりです。 Workspace の左上にあるアイコンからパネルへアクセスできます。パネルは、期間、レポートスイート、分析の使用例に従ってプロジェクトを整理する場合に便利です。 Analysis Workspaceでは、次のパネルタイプを利用できます。
パネル名
説明
使用可能なパネルおよびビジュアライゼーションから選択し、分析を開始します。
フリーフォームテーブルとそれに伴うビジュアライゼーションを素早く作成し、インサイトを迅速に分析して取得できます。
Analysis Workspace で Target アクティビティとエクスペリエンスを分析します。
任意のディメンションとコンバージョン指標を使用して、任意の数のアトリビューションモデルをすばやく比較および視覚化します。
無制限の比較および分類を実行し、ビジュアライゼーションを追加してリッチデータストーリーを示します。
ピーク同時実行数の詳細と分類および比較機能を使用して、同時視聴者を経時的に分析します。
すべてのデータポイントにわたって2つのセグメントをすばやく比較し、関連する差異を自動的に見つけます。
クイックインサイト、​空白 および フリーフォーム パネルは分析を開始するためのパネルで、ターゲットを分析するためのパネルはをAttribution IQするための場所、Analytics、Analytics、Analytics、Media を並行するViewers並行するConcurrent Segment To Analys プロジェクトでは "+" ボタンが使用できるので、いつでも空白のパネルを追加できます。
The default starting panel is the Freeform panel, but you can make the blank panel your default as well.

パネルレポートスイート

パネル内のテーブルとビジュアライゼーションは、パネルの右上部で選択した レポートスイート からデータを取得します。 また、レポートスイートでは、左側のレールで使用できるコンポーネントも決定します。 プロジェクト内では、分析の使用例に応じて1つまたは 複数のレポートスイートを使用できます
レポートスイートのリストは、関連性に基づいて並べ替えられます。関連性に基づいて、現在のAdobeがスイートを使用した最近の頻度と頻度、および組織内でスイートを使用した頻度に基づいて定義されます。

パネルカレンダー

パネルカレンダーは、パネル内のテーブルおよびビジュアライゼーションのレポート範囲を制御します。
注意:テーブル、ビジュアライゼーション、パネルドロップゾーン内で(紫色の)日付範囲コンポーネントを使用すると、パネルカレンダーが上書きされます。

パネルドロップゾーン

パネルドロップゾーンを使用すると、セグメントおよびドロップダウンフィルターをパネル内のすべてのテーブルおよびビジュアライゼーションに適用できます。 1つのパネルに1つまたは複数のフィルターを適用できます。 各フィルターの上のタイトルは、編集鉛筆をクリックして変更できます。また、右クリックして削除することもできます。

セグメントフィルター

左側のレールからパネルのドロップゾーンにセグメントをドラッグ&ドロップして、パネルのフィルタリングを開始します。

アドホックセグメントフィルター

セグメント以外のコンポーネントをドロップゾーンに直接ドラッグして アドホックセグメントを作成することもできるので 、セグメントビルダーに移る手間を省くことができます。 この方法で作成されたセグメントは、自動的にヒットレベルのセグメントとして定義されます。 この定義を変更するには、セグメントの横にある情報アイコン(i)をクリックし、次に鉛筆形の編集アイコンをクリックして、セグメントビルダーで編集します。
アドホックセグメントはプロジェクトのローカルなセグメントで、公開しない限り左側のナビゲーションバーに表示されません。