Show Menu
トピック×

セグメントIQの使用例

セグメント IQ(セグメント比較)は、Analysis Workspace で最も広く使用されている機能の 1 つです。お客様は日々、この機能を使用してインサイトを深める革新的な方法を発見しています。ここでは、優れた使用例のごく一部を紹介します。

Use case 1: compare mobile vs desktop implementations

「サイト間でヒット数を比較したところ、すぐにいくつかのタグの不整合があることに気付きました。このようにして、製品リリースの前にデータの問題を避けることができました。」
シナリオ :モバイル用の Web サイトとデスクトップ用の Web サイトを担当している製品マネージャーは、モバイル用とデスクトップ用の間でタグの不整合がないことを確認するよう頼まれました。マネージャーは重要な問題を見逃さないように、セグメント IQ を使用してモバイルサイトからのヒット数とデスクトップサイトからのヒット数を比較しました。すると、モバイル用 Web サイトでチェックアウトイベントにタグを付け忘れていたことに気付き、モバイルサイトのリリース前に適切なタグを配置することができました。その結果、製品マネージャーは、モバイルサイトがコンバージョンをまったく記録しないというデータ上の大きな問題を避けることができました。
この比較を設定する方法:
セグメント 1 セグメント 2
次の条件を満たすヒットレベルのセグメントを使用、作成します。
  • モバイルデバイスタイプが携帯電話またはタブレット
次の条件を満たすヒットレベルのセグメントを使用、作成します。
  • モバイルデバイスタイプが携帯電話またはタブレットでない

Use case 2: compare customers who use a certain feature to those who don't

「当社の製品比較機能を使用したお客様は、コンバージョン率が 10%高いことがわかりました。そこで、この機能をページの一番上に移動したところ、注文が 4%も増えたのです。」
シナリオ: ​小売サイトの最適化チームは、最近リリースした製品比較機能を使用しているユーザーの詳細を把握しようと考えました。この機能を使用した訪問者のセグメントを作成することで、この機能を使用した訪問者と他の全員をセグメント IQ で比較することができました。セグメント IQ により、この機能を使用した訪問者は製品を購入する確率が 10%高いなど、いくつかの重要な違いが明らかになりました。サイト最適化チームは、製品比較機能をページの一番上に置いて目立たせるというテストを実施することを決定しました。
この比較を設定する方法:
セグメント 1
セグメント 2
商品比較ツールを使用した訪問者に関する訪問者レベルのセグメントを使用、作成します。
自動的に生成され、セグメント 1 に含まれていない全員が対象となる他の全員セグメントを使用します。

Use case 3: compare news site visitors to other site section visitors

「ニュースセクションの訪問者はビデオ広告を視聴する確率が 2 倍であることがわかったので、そのセクションにビデオのオプションを増やしました。すると、ビデオ広告の視聴率が 7%増加しました。」
シナリオ: ​ある大手メディア出版社は、ニュースセクションのコンテンツに対する視聴者のエンゲージメントを高める方策を探していました。ニュースの視聴者について理解を深めるために、同社はサイトのニュースセクションを訪れた訪問者のセグメントを作成しました。セグメント IQ によって各指標およびディメンションがスキャンされ、ニュースセクションの訪問者はビデオ広告を見る確率がサイトの他のセクションの訪問者に比べて 2 倍高いことがすぐにわかりました。ビデオチームはニュースのサイドレールに推奨ビデオのセクションを設けて、ビデオ広告の視聴率を 7%増やすことができました。投入可能な時間と労力をすべて考慮すると、これはきわめて効率のよい成果であり、短期間で測定可能な結果が得られました。
この比較を設定する方法:
セグメント 1
セグメント 2
サイトのニュースセクションの訪問者に関する訪問者レベルのセグメントを使用、作成します。
自動的に生成され、セグメント 1 に含まれていない全員が対象となる他の全員セグメントを使用します。

Use case 4: compare visitors from paid search to everyone else

「検索エンジンからサイトにやってくる訪問者は、アップセルの確率が他の全員の 3 倍でした。そこで特定のキーワードの予算を増やしたところ、56%のアップセル増加を達成しました。」
シナリオ: ​ある大手 B2B サービス会社は、有料検索のキーワードからサイトにやってくるトラフィックのタイプを把握しようとしていました。有料検索は、直接的に多くのコンバージョンをもたらしてはいなかったので、マーケティングの責任者は予算の削減を検討していました。マーケティングチームは、有料検索からサイトにやってくる訪問者のセグメントを作成し、セグメント IQ を使用してそれを他の全員と比較しました。その結果、これらの訪問者は直接的にはコンバージョンにつながっていないものの、以前購入したサービスからのアップセルが 3 倍に達することがわかりました。そこでマーケティングチームは、アップセル関連のキーワードに予算を絞り、サービスのアップセルを 56%増やすことができました。
この比較を設定する方法:
セグメント 1
セグメント 2
自然検索で参照される訪問者、または SEM キャンペーンからの訪問者に関する訪問者レベルのセグメントを使用、作成します。
自動的に生成され、セグメント 1 に含まれていない全員が対象となる他の全員セグメントを使用します。

Use case 5: compare Fitbit purchasers to everyone else

「Fitbit を購入するお客様は、在庫切れのメッセージを受け取る確率が他の全員の 6 倍であることがわかったので、すぐに追加の Fitbit を発注して、在庫切れを防ぎました。」
シナリオ: 主要なオンライン小売業者は、最も人気のある休日製品- Fitbit-売れていて、他の顧客に対してFitbit購入者を一意にしたことに関心がありました。マーケティングチームは、製品レポートの「Fitbit」行項目を右クリックするだけで、すぐにセグメント IQ 分析を実行できました。そこでわかったのは、Fitbit を購入するユーザーは、在庫切れのメッセージを受け取る確率が他のお客様の 6 倍であるということです。マーケティングチームがさらに分析したところ、購買部門が追加の Fitbit を発注し、それが発送されるまでの間に、そうした訪問者を実店舗に誘導することができました。その結果、それ以上の「在庫切れ」メッセージを避け、年末商戦の需要に応えることができました。
この比較を設定する方法:
セグメント 1 セグメント 2
次の条件を満たす訪問者レベルのセグメントを使用、作成します。
  • 注文が 1 よりも大きいか等しい AND
  • ブランドが Fitbit である
自動的に生成され、セグメント 1 に含まれていない全員が対象となる 他の全員 セグメントを使用します。