Show Menu
トピック×

フリーフォームテーブル

Analysis Workspaceでは、フリーフォームテーブルは単なるデータテーブルではなく、インタラクティブなビジュアライゼーションです。 コンポーネントの組み合わせを行と列に ドラッグ &ドロップして、分析用のカスタムテーブルを作成できます。 各コンポーネントがドロップされると、テーブルが直ちに更新され、迅速な分析が可能になります。
テーブルは、様々な方法でカスタマイズできます。
    • 各ディメンション行は、ページ分割が行われる前に、最大400行を表示できます。 プロジェクトのビュー密度を調整することで、1つの画面に表示する行を増やすこと ができます
    • 行は、追加のコンポーネントで分類できます。 複数の行を一度に分類するには、単に複数の行を選択し、次のコンポーネントを選択した行の上にドラッグします。 内訳の詳細を表 示します
    • 行をフィルターし 、項目のセットを少なく表示できます。 行の設定で追加の設定を使 用できます
    • コラム内にコンポーネントを積み重ねて、セグメント化された指標やクロスタブ分析などを作成できます。
    • 各列の表示は、列の設定で調整で きます
    • 右クリックメニューからは、いく つかの操作を実行できます 。 このメニューには、テーブルのヘッダー、行または列をクリックするかどうかに応じて、様々なアクションが表示されます。

フリーフォームテーブルビルダー

最初に表に複数のコンポーネントを追加し、次にデータをレンダリングする場合は、フリーフォーム表ビルダーを有効にします。 ビルダーを有効にすると、多くのディメンション、分類、指標およびセグメントをドラッグ&ドロップして、より複雑な質問に答えるテーブルを作成できます。 データはその場で更新されず、「ビルド」をクリックすると更新さ れます
表ビルダーは、データに関する複雑な質問があり、質問に答えるために構築する表を考えるときに、時間を節約できるオプションです。 表ビルダーのその他の利点は、次のとおりです。
  • 各アクションがレンダリングされるのを待たずに、必要な形式でテーブルを配置します。
  • 最大4レベルの分類をすばやく実行できます。
  • テーブルの行とディメンションの列ごとに、行と分類の設定を定義します。
  • デフォルトでは 、テーブルのすべてのレベルの「位置」で分類します(従来のフリーフォームテーブルでは、デフォル**​トは「項目別分類**」です)。
  • テーブル内の静的な行の順序を手動で指定します。 例えば、指標行を特定の順序で表示する場合などです。
  • 実際のデータをレンダリングする前に、テーブルの形式をプレビューします。
フリーフォーム表ビルダーの動作を確認し ます

フリーフォームテーブルデータの書き出し

フリーフォームテーブルのデータは、次の方法でAnalysis Workspaceからコピーできます。
  • テーブルヘッダーを右クリックし、「クリップボードにコ **ピー」を選択しま**す。 これにより、(表示可能な)テーブル全体がエクスポートされます。
  • テーブル内の特定のセルをハイライト表示し、右クリックして「ク リップボードにコピー 」を選択するか、Ctrl + cホットキーを使用します。
  • プロジェクト/CSVをダウンロード 。 これにより、プロジェクト内の表示可能なすべてのテーブルがCSVとしてエクスポートされます。