Show Menu
トピック×

このビジュアライゼーションでは、時間の経過に伴う値の変化を確認できるように、折れ線で指標が表されます。折れ線グラフは、時間がディメンションとして使用される場合にのみ使用できます。
ビジュアライゼーション設定 の精度ドロップダウンにより、トレンドビジュアライゼーション(折れ線、棒など)を日別から週別、月別などに変更できます。