Show Menu
トピック×

データソースの管理

ビジュアライゼーションを同期することで、ビジュアライゼーションに対応するデータテーブルまたはデータソースを制御できます。
ヒント: ​タイトルの横の点の色で、どのビジュアライゼーションが関連しているかがわかります。色が一致していると、ビジュアライゼーションが同じデータソースに基づいていることを意味します。
データソースを管理すると、データソースを表示したり、選択をロックしたりできます。これらの設定は、新しいデータが入ってきた際にどのようにビジュアライゼーションを変更するか(または変更しないか)を決定します。
  1. データテーブルと ビジュアライゼーション を使用して プロジェクトを作成 します。
  2. データテーブルで、ビジュアライゼーションに関連付けたいセル(データソース)を選択します。
  3. ビジュアライゼーションでタイトルの横にある点をクリックすると、 Data Source ​ダイアログが表示されます。 Show Data Source または Lock Selection を選択します。
    ビジュアライゼーションのテーブルセルへの同期によって、新しい(非表示の)テーブルと、テーブルに同期されたビジュアライゼーションのカラーコードが作成されます。
要素
説明
リンクされたビジュアライゼーション
フリーフォームテーブルまたはコホートテーブルに接続されたビジュアライゼーションがある場合は、左上の点で接続済みのビジュアライゼーションを一覧表示でき、テーブルの表示/非表示を切り替える「表示」チェックボックスオプションが表示されます。カーソルを合わせるとリンク済みのビジュアライゼーションが強調表示され、クリックするとそこにアクセスできます。
データソースを表示
ビジュアライゼーションに対応するデータテーブルを表示したり(チェックボックスをオン)、非表示にしたり(チェックボックスをオフ)できます。
選択をロック
この設定を有効にすると、ビジュアライゼーションを、対応するデータテーブルで現在選択されているデータにロックできます。チェックボックスをオンにすると、次のいずれかを選択できます。
  • 選択した位置 :対応するデータテーブルで選択されている位置にビジュアライゼーションをロックした状態で固定するには、このオプションを選択します。これらの位置に配置された特定のアイテムが変更されても、これらの位置は引き続きビジュアライゼーションの対象になります。例えば、上位 5 つのキャンペーン名が何であろうと、このビジュアライゼーションで上位 5 つのキャンペーン名を常に表示する場合は、このオプションを選択します。
  • 選択した項目 :対応するデータテーブルで現在選択されている特定の項目について、ビジュアライゼーションをロックした状態で維持するには、このオプションを選択します。これらのアイテムは、テーブルのアイテム間のランクが変更されても、引き続きビジュアライゼーションの対象になります。例えば、このビジュアライゼーションで 5 つの特定のキャンペーン名を、キャンペーン名のランクにかかわらず表示する場合は、このオプションを選択します。
このアーキテクチャは、以前 Analysis Workspace にあった、ロックした選択が格納される非表示の複製テーブルを作成するアーキテクチャとは異なります。現在は、データソースはビジュアライゼーションの作成元であるテーブルがポイントされます。
使用例:
  • 概要のビジュアライゼーションを作成し、作成元となったテーブルのセルにそれをロックすることができます。「データソースを表示」をオンにすると、その情報がテーブルのどこから取得されたかが正確に表示されます。ソースデータの表示が灰色になります。
    >
  • 次に示すように、同一のテーブルに含まれた異なるセルをソースにして、多数のビジュアライゼーションを追加できます。テーブルは上の例と同じですが、ソースとなるセル(および指標)は異なります。
    >
  • フリーフォームテーブルまたはコホートテーブルに接続されたビジュアライゼーションがあるかどうかを、左上の点(データソース設定)をクリックすることで確認できます。カーソルを合わせるとリンク済みのビジュアライゼーションが強調表示され、クリックで移動できます。
    >