Show Menu
トピック×

Analysis Workspace のアクセシビリティ

Adobe Analytics の主要な分析ツールである Analysis Workspace のアクセシビリティサポートについて説明します。
アクセシビリティとは、視覚、聴覚、認知、モーターなどの障害を持つユーザーに対して、製品を使用できるようにすることです。ソフトウェア製品のアクセシビリティ機能の例としては、スクリーンリーダーのサポート、グラフィックの代替テキスト、キーボードショートカット、表示色のコントラストの大きさの変更などがあります。
Analysis Workspace には、次のような、使いやすいツールが用意されています。

キーボードを使用した Workspace の操作

Analysis Workspace でのナビゲーションは、上から下、左から右です。次のナビゲーション要素はアクセシビリティを容易にします。
  • F6 キーは、ランドマークショートカットを有効にします。
  • Tab キーで個々の要素間を移動します。
  • フォーカスインジケーターを適用して、目が見えるキーボードユーザーが現在どの UI 要素にフォーカスがあるかを明確に示します。インジケーターは、選択した要素の周りの青い境界線です。

ドラッグ&ドロップ操作のキーボードナビゲーション

Analysis Workspace は、ドラッグ&ドロップによるユーザーインターフェイスです。ただし、ユーザーは、代わりにキーボードを使用してコンポーネントを追加できます。
  1. 左側のパネルのコンポーネントにタブを移動します。
  2. Enter を押して選択します。
  3. 矢印キーを使用して、コンポーネントをドロップする領域に移動します。
  4. Enter を押して、コンポーネントを配置します。

キーボードショートカット(ホットキー)

Analysis Workspace は、シームレスなワークフローを実現するための豊富な キーボードショートカットのセット を備えています。ナビゲーション、分析の作成、インサイトの民主化に関する一般的なショートカットを以下に示します。

ナビゲーション

ショートカット
アクション
Alt + Shift + 1/2/3
別のパネルにジャンプする:パネル、ビジュアライゼーション、コンポーネント
Alt +左向き矢印または右向き矢印
パネル間の移動
Alt + M
すべてのパネルを折りたたむ/展開する
Alt + Ctrl + M
アクティブなパネルを折りたたむ/展開する
Ctrl + /
左パネルを検索

分析作成

ショートカット
アクション
Alt + 1
新しいフリーフォームテーブル
Ctrl + Shift + C
新規計算指標
Ctrl + Shift + D
新しい日付範囲
Ctrl + Shift + E
新しいセグメント
Ctrl + Z
元に戻す
shift キーを押したまま(パネルセグメントドロップゾーン内)

民主化

ショートカット
アクション
Ctrl + S
保存
Ctrl + Shift + G
キュレート
Ctrl + G
共有
Alt + Shift + S
スケジュール
Alt + L
プロジェクトへのリンクを取得
Ctrl + Shift + B
PDF をダウンロード

スクリーンリーダーとスクリーン拡大鏡のサポート

スクリーンリーダーは、コンピューターの画面に表示されるテキストを読み上げます。また、アクセシビリティタグや属性で指定された、アプリケーション内のボタンラベルや画像の説明など、テキスト以外の情報も読み上げます。

カラーパレットとコントラスト

Analysis Workspace は、WCAG 2.1 AA への準拠を目指しています(カラーコントラストの要件を含む)。
また、プロジェクトに対しては、 プロジェクト プロジェクト設定 プロジェクトのカラーパレット で、ユーザーが希望するカラーパレットを設定できます。

コンポーネントビルダーの必須フィールドの検証

コンポーネントを構築する際、保存時に必須フィールドの検証が行われます。必須フィールドが検証に合格しない場合は、赤い枠線にエラーアイコンが表示されます。修正する必要がある問題の説明が文書で表示されます。
コンポーネントの検証が完了すると、を押すとビルダーが閉じ Save ます。

オペレーティングシステムのアクセシビリティ機能のサポート

Analysis Workspace は、MS Windows と macOS に組み込まれたアクセシビリティ機能(コントラストの大きいモード、共通キー、遅いキーやフィルターキーなど)をサポートしています。また、Windows 上の VoiceOver for macOS や NVDA などの支援テクノロジーとの対話を可能にするためのユーザーインターフェイスに関する情報も提供します。