Show Menu
トピック×

日付のカスタマイズに関する考慮事項

「式をカスタマイズ」を使用して日付範囲を設定する際には、次の 2 点に注意してください。
  • レポートが実行される日付、またはリクエストが更新される(基準の)日付によって、使用できるデータが決まります。
  • レポートの開始日と終了日が相対的に変化すると、レポートが対象とする日付範囲に影響が出ます。
データが使用できるかどうかは、レポートの対象期間とリクエストの更新日によるので、必要な情報を抽出する場合は適切な日にレポートを実行してください。以下の例で、これらの両方の注意点について説明します。
Assume you make a request for Page Views using Aggregated granularity. アメリカでは、週は日曜日から開始します。日曜日から土曜日までの期間(例えば、2008 年 11 月 23 日から 11 月 29 日)について更新されたレポートを取得するためには、日曜日(11 月 30 日)にその前週(11 月 23 日から 11 月 29 日)のレポートを実行(リクエストを更新)します。
この場合は、次のカスタマイズされた式を使用します。
開始日: cw-1w 終了日: cw-1d
An analysis of the customize expression when the inclusive End Date for the request is 11/30:
開始日: cw-1w
11 月 30 日(日)に開始する現在の週の開始日から 7 日間を引いた日付 = 11 月 23 日(日)
終了日: cw-1d
11 月 30 日(日)に開始する現在の週の開始日から 1 日間を引いた日付 = 11 月 29 日(土)
After the customized expression is mapped to the spreadsheet, refresh the request using Sunday, November 30, 2008 as the inclusive End Date for the floating request. データには、直前 1 週間の期間が反映されます。
If instead you refresh the expression and specify Saturday, November 29 as the End Date for the floating request, the data will reflect the week 11/16 to 11/22. この理由は、リクエスト更新のための基準日が 1 日早くなるからです。
Here are the differences when the inclusive End Date for the request is 11/29:
開始日: cw-1w
11 月 23 日(日)に開始する現在の週の開始日から 7 日間を引いた日付 = 11 月 16 日(日)
終了日: cw-1d
11 月 23 日(日)に開始する現在の週の開始日から 1 日間を引いた日付 = 11 月 22 日(土)
ヨーロッパや他の一部の国々では、週は日曜日ではなく月曜日に開始します。この場合、カレンダーをカスタマイズして開始日を変更することができます。( カスタムカレンダー を参照)