Show Menu
トピック×

カスタマイズされた式を使用した日付範囲の例

カスタマイズされた式で日付範囲を使用する場合の例、注意事項および構文に関する注意点について説明します。
この表では、グレゴリオ歴カレンダーで本日が 2011 年 11 月 10 日(月)であると想定しています。
日付範囲
式のカスタマイズ
レポートの日付範囲
送信元
設定値
1
2 週間前の 1 週間
cw-2w
cw-1w-1d
2
昨年の 5 か月目の最初の 3 日間
cy-1y+4m
cy-1y+4m+2d
3
4 週間前の 1 週間
cw-4w
cw-3w-1d
4
昨年の先週
cw-53w
cw-52w-1d
5
2 か月前の 1 か月間
cm-2m
cm-1m-1d
6
12 か月前(昨年)の 1 か月間
cm-12m
cm-11m-1d

例に関する注意点

例 1
本日が 2011 年 11 月 10日(月)の場合に、本日から 1 週間を引いて、10 月の最終週全体を取得しています。
例 2
年の開始月(1 月)に 4 か月を追加して、5 月を取得します。この月の開始日に 2 日間を追加し、この月の 3 日目を取得します。

構文に関する注意点

カスタマイズされた式は、ほぼすべての日付範囲を表現でき、2 つの条件を演算子で関係付けて作成できます。条件は、係数と期間の略語を組み合わせたものです。例えば、条件は「18d」など、演算子は「+」などです。
  • 演算子と条件の間に空白を入れることはできません。
  • 使用できる略語は cd cw cm cq cy d w m q y のみです。
  • 開始日と終了日は、cd と cd、cw と cw、cy と cy など、どちらも同じ日付参照を使用して指定することをお勧めします。異なる日付参照を混合すると、年間の特定の時期において日付の指定が無効になることがあります。
  • 略語 d w m q y に対する係数の有効な指定方法は、略語の前に整数(1、2、3...)を付けた 53d、3w、5q、9m、2y のような形式です。
  • 整数以外の数字は使用できません。
  • 略語の前にゼロのみを付けることはできません。例えば、0w は使用できません。
  • 条件の連結に利用できる演算子は、+ と - です。
  • 日付範囲は現在の期間から相対的に計算する必要があるので、式の最初の条件は常に c で始まります。