Show Menu
トピック×

異常値検出リクエストの設定

Report Builder で異常値検出関連データを抽出する手順です。
  1. サイト指標 トラフィック ​レポートなどで、トレンドレポートを選択します。
  2. In the Apply Granularity menu, select Day .
    The Anomaly Detection menu is available only when you select Day granularity. 選択した期間を問わず、過去 30 日間のデータが統計データのトレーニング期間として使用されます。
  3. After configuring date ranges, click Next .
    手順の結果 1On the Request Wizard: Step 2 of 2, add a metric, such as Visits .
    手順の結果 1For the added metric, click the None link.
  4. Select Anomaly Detection > `<selection>` .
    いずれかのオプションを選択すると、元の指標から異常値検出用のコピーが作成されます。例えば、訪問指標の場合、指標グループに下限訪問指標が追加されます。
  5. Click Finish and select the cell for output to Excel.
    See Anomaly Detection for definitions.