Show Menu
トピック×

Report Builder オプション

オプションパネルでは、日付設定、待ち時間設定(現在のデータ)およびログ情報を指定し、更新を設定できます。
  1. In the Add-Ins toolbar, click Options :
要素
説明
As Of Date
現在の日付に設定
Lets you specify or reset the As Of Date so that report builder uses the current date or asks you which date to use upon refresh.
更新時に設定
リクエストを更新する As Of Date 際にを設定できます。
Data Recency
Include Current Data
Lets you view data latency (also known as Data Recency) down to the minute in reporting, occasionally even before this data has been processed by Adobe Analytics.
このオプションを使用しない場合は、ファイナライズされたモード(処理済み)が使用され、通常は 待ち時間 が長くなります。
この設定は、「現在のデータ」機能と互換性のあるワークブック内のすべてのリクエストに適用されます。リクエストに互換性がない場合は、確定モードが適用されます。
モードを使用する場合は、次の状況に注意してく Include Current Data ださい:
Format Options :表示ヘッダーの形式設定時に、この情報を表示するかどData Recencyうかを指 定できます
内訳 :サポートされません。If the Data Recency mode is set to the Current Data, and one of the requests contains a break-down element, this request reverts to non-current data mode. ただし、その他のリクエストでは、引き続き現在のデータモードが使用されます。
リクエストマネージャー​ :予定リクエストに設定が適用されているかどうかは、リクエストマネージャーの現在のデータ列で確認できます。
スケジュールされたワークブック :このモードは、スケジュールの処理中にワークブックレベルで保存されます。If you open a scheduled workbook that is using finalized data, and apply Include Current Data, current mode is used thereafter.
権限​ :現在のデータへのアクセス権限のないユーザーに対しては、このオプションは非表示になります。このオプションを有効にしたときに、1 つ以上のリクエストを適用できない場合は、警告が表示されます。
現在のデータとリクエストとの互換性がないことを警告するメッセージを無効にする
Displays warnings if the Include Current Data mode is selected but the data mode cannot be applied to the edited request. For example, if you set Include Current Data, and then edit a request that has a segment selected, a warning is issued.
Report Builder リクエストをローカルファイルにログ (トラブルシューティング用)
リクエストをローカルファイルのログに記録できます。このログファイルはトラブルシューティングに使用します。
入力された値を変換...
フィルター制御に入力された値をフィルター表現とみなす前にセルの場所として変換します。
例えば、「靴」フィルターを使用してトップ 10 ページのリクエストを作成すると、リクエストには次のような内容のセルが表示されます。フィルター:トップ 1 ~ 10 ページ、ページに「靴」を含む
新しいバージョンが利用可能な場合に更新
新しいバージョンがインストール可能な場合に通知するように指定します。