Show Menu
トピック×

Power BI 統合のトラブルシューティング

Power BIとのReport Builderを使用する場合の一般的な問題を調べ、解決します。

Power BI への発行の失敗

スケジュールされたワークブックの Power BI 発行が成功するには、Power BI サービスが起動して動作している必要があります。発行の失敗には主に次の 2 つの理由があります。
  • Power BI サービスがダウンしている。
  • ワークブックをスケジュールしたユーザーの Microsoft アカウント資格情報が無効になっている。
Report Builder でスケジュールされた各タスクは、スケジュールされた実行ごとに 3 回試行されます。
  • 最初の試行が失敗に終わると、「スケジュールされたこのワークブックを Microsoft Power BI に発行できませんでした。すぐにもう一度実行します」というメッセージが表示されます。
  • 2 回目の試行が失敗に終わると、メッセージは表示されません。
  • 3 回目の試行が失敗に終わると、「このワークブックを Power BI に発行できませんでした」というメッセージが表示されます。

Power BI のビジュアライゼーションの破損

Report Builder リクエストを Power BI に発行した後にビジュアライゼーションが壊れる主な理由を以下に示します。
  • Report Builder でリクエストを編集した(例えば、指標またはディメンションを変更して Power BI に再発行した)。リクエストを編集すると、ビジュアライゼーションが壊れる可能性があります。
  • ビジュアライゼーションで使用されているリクエストを削除した。

Report Builderが組織のリソースにアクセスする権限を持っている必要があります。 このアクセス権は管理者によってのみ付与されます。 管理者に依頼して、権限を付与します。

Microsoft管理者に、次の場所にある「ユーザーはアプリを登録できます」設定を確認してもらいます。 Microsoft Azure > Azure Active Directory > ユーザー設定では、オプションを使用できます 。 このオプションを「いいえ」に設定すると、管理者はこの種のアプリケーションを登録できます。