Show Menu
トピック×

Report Builder ツールバー

Report Builder ツールバーのボタンの機能についての説明です。
Report Builder のインストール後、Excel を起動して「 アドイン 」をクリックします。
ログイン: ​まだの場合にログインする、または別のユーザーとしてログインするためのログインフォームを表示します。また、ログイン後には会社名が表示されます。 Report Builder へのログイン を参照してください。
作成: リクエストウィザードを起動します。まだログインしていない場合、ログインするよう指示されます。 データリクエスト を参照してください。
管理: リクエストマネージャーを起動します。Excel ワークブックに埋め込まれているすべての Report Builder データリクエストに対してステータスを表示したり、編集、更新、削除および管理などが可能です。これらの機能は個別のリクエストに対して実行することも、一度に複数のリクエストに対して実行することもできます。 リクエストの管理 を参照してください。
更新: Excel ワークブックに埋め込まれているすべてのリクエストのデータを更新します。 リクエストの更新 を参照してください。
書式: ​スプレッドシートのセルに条件付き書式を設定します。 条件付き書式の指定 を参照してください。
スケジュール: ​指定した時間やファイル形式でレポートを送信するようセットします。 レポートリクエストのスケジュール設定 を参照してください。
ライブラリ: Excel ワークブックをアップロードするためのワークブックライブラリを起動します。また、共有されているワークブックをダウンロードして編集することもできます。 ワークブックライブラリの使用 を参照してください。
オプション: ​リクエストを更新するときに「 基準日 」(現在の日付)の指定を求めるメッセージを表示するかどうかを指定します。また、トラブルシューティング用にログ記録を有効にすることができます。 オプション を参照してください。
ロック/ロック解除: ​ワークブックをロックすることで、リクエストの追加や編集を行えないようにすることができます。これにより、編集効率を高めるため、すべてのレポートリクエストを一時停止してワークブックをオフラインで編集できるようにします。詳しくは、 ワークブックのロック/ロック解除 を参照してください。
ヘルプ: ​現在見ている Report Builder ヘルプドキュメントを開きます。