Show Menu
トピック×

Report BuilderのVisual Basicマクロ

VBAマクロはVisual Basicマクロとも呼ばれ、Microsoft Excelだけでは操作できない方法でブックを操作できます。 Visual Basicでは、ブック、Excel、Windowsにもアクセスできます。
Adobeは3つのReport BuilderAPIメソッドをサポートしています。 最新バージョンのreport builderがインストールされていることを確認し、マクロを実行する前にログインします。
セキュリティ上の理由から、マクロを含むブックをスケジュールすることはできません。

RefreshAllReportBuilderRequests()

The RefreshAllReportBuilderRequests() macro refreshes all Report Builder requests in the active workbook. 開始を行うには、Report BuilderCOM-追加inをその製品IDから呼び出し、 RefreshAllRequests() APIコマンドを呼び出します。
Sub RefreshAllReportBuilderRequests()
 
 Dim addIn As COMAddIn
 Dim automationObject As Object
 Dim success As String
 Set addIn = Application.COMAddIns("ReportBuilderAddIn.Connect")
 Set automationObject = addIn.Object
 success = automationObject.RefreshAllRequests(ActiveWorkbook)
 
End Sub

RefreshAllReportBuilderRequestsInActiveWorksheet()

The RefreshAllReportBuilderRequestsInActiveWorksheet() macro refreshes all Report Builder requests in the active worksheet. API呼び出しは、ワークシートオブジェクトを引数として受け取ります。 RefreshWorksheetRequests() この呼び出しは、Report Builder要求を含むワークシートに対して使用できます。
Sub RefreshAllReportBuilderRequestsInActiveWorksheet()
 
 Dim addIn As COMAddIn
 Dim automationObject As Object
 Dim success As String
 Set addIn = Application.COMAddIns("ReportBuilderAddIn.Connect")
 Set automationObject = addIn.Object
 success = automationObject.RefreshWorksheetRequests(ActiveWorkbook.ActiveSheet)
 
End Sub

RefreshAllReportBuilderRequestsInCellsRange()

The RefreshAllReportBuilderRequestsInCellsRange() macro refreshes all Report Builder requests whose cell outputs intersect the specified range of cells. 次の使用例は、作業中のブック内の"Data"ワークシート B1:B54 の範囲を指すセル範囲を指定します。 範囲式は、サポートされるExcel範囲式をすべてサポートしています。
Sub RefreshAllReportBuilderRequestsInCellsRange()
 
 Dim addIn As COMAddIn
 Dim automationObject As Object
 Dim success As String
 Set addIn = Application.COMAddIns("ReportBuilderAddIn.Connect")
 Set automationObject = addIn.Object
 success = automationObject.RefreshRequestsInCellsRange("'Data'!B1:B54")
  
End Sub