Show Menu
トピック×

インテリジェントアラート - 使用例

2 つのセグメントでフィルターしたシンプルなアラートの作成

テーブルの選択範囲からアラートを作成する

フリーフォームテーブルで、テーブル行を右クリックして「 選択からアラートを作成 」を選択することで、コンテキスト内アラートを作成できるようになりました。
これにより、即座にアラートビルダーに事前入力して、適切な指標およびフィルターでアラートを作成できます。

複数のアラートを作成する代わりに(スタック)アラートを統合する

アラートのスタックは、アラートを組み合わせて、多数の異なるアラートを受け取ることがないようにします。