Show Menu
トピック×

フィールドベースのステッチ

クロスデバイス分析には、データを結合する 2 つの異なる方法があります。この方法は、 prop eVar などの Analytics 変数に依存して、個人識別子を格納します。この変数をベースに、デバイスを相互にリンクします。

フィールドベースのステッチに固有の前提条件

フィールドベースのステッチを使用してクロスデバイス分析を実装する場合は、次の操作が必要です。組織内のチームやアドビのアカウントマネージャーと協力して、以下のすべての条件を満たすようにします。
すべての前提条件を満たしていない場合、クロスデバイス分析を有効にできないか、データを結び付ける際に結果の質が低下する可能性があります。
  • 概要 」ページに表示されるすべての前提条件。
  • ユーザーがログインしたり E メールを開いたりする場合など、可能な限り個々のユーザーを一意に識別する prop または eVar を設定する必要があります。この要件は、すべてのプラットフォーム(使用する場合はモバイルアプリを含む)に適用されます。フィールドベースのステッチ用にプロビジョニングされた場合、目的の識別変数をアカウントマネージャーに伝えます。

フィールドベースのステッチに固有の制限事項

  • フィールドベースのステッチは、ユーザーの識別率が高いレポートスイートで最も効果的です。レポートスイートの識別率またはログイン率が低い場合は、 Co-op グラフ の使用を検討してください。

次の手順

組織がすべての要件を満たし、制限事項を理解したら、 クロスデバイス分析の設定 を開始できます。