Show Menu
トピック×

時刻

時間帯ディメンションは、指定された日の数値時間をディメンション項目としてレポートします。 例えば、1月1日から1月7日にまたがるレポートがある場合、各日の最初の時間は、同じディメンション項目にグループ化されます。 このレポートは、相対的な時間帯別にレポートを表示し、ディメンション項目として静的な時間を使用しない場合に便利です。 このディメンションは、選択した日付範囲でロールするので、予定レポートのディメンションとして特に役立ちます。
このディメンションは、訪問者のローカルタイムゾーンではなく、レポートスイートのタイムゾーンに基づいています。 例えば、レポートスイートが山岳部時間で、カリフォルニア州の訪問者が太平洋時間の午前10時にサイトを訪問した場合、ディメンション項目の下のヒットグループが表示され 11:00 AM ます。 ローカル訪問者の時間を記録するディメンションが必要な場合、Adobeでは getTimeParting プラグインの使用をお勧めします。

このディメンションへのデータ入力

このディメンションは、すべての実装で初期設定の状態で動作します。レポートスイートにデータが含まれる場合、このディメンションは機能します。

Dimension項目

Dimension項目には 12:00 AM - 11:00 PM が含まれます。これは、ヒットが発生した日の時間(切り捨て)を表します。 例えば、ヒットが午後3時58分に生成された場合、そのヒットは、のディメンション項目の下にグループ化され 3:00 PM ます。

夏時間

夏時間は、春の1時間前に時計をセットし、秋の1時間後にセットバックする習慣です。 レポートスイートのタイムゾーンでDSTが使用されている場合、Adobeはその時間に応じてデータが調整されます。
  • 夏時間の開始時 :通常、3月のレポートには夏時間開始のあるデータに1時間の差が表示されます。 時間は存在しなかったので、データ収集の一部ではありません。 データ量が少ないと、この1時間になる可能性があります。 Adobeデータ収集サーバーでは、DSTによる調整を考慮するのに、数秒(最大1分)かかります。
  • 夏時間が終了した場合 :通常、11月のレポートには、夏時間が終了する積み重ね重複時間が表示されます。 1時間は2回発生したので、両方の時間がレポートで集計されます。