Show Menu
トピック×

検索キーワード

「検索キーワード」ディメンションは、訪問者がサイトに到達する際に使用する検索キーワードをレポートします。
プライバシーに関する慣行が増えているため、ほとんどの検索エンジンは検索キーワードを渡さなくなりました。アドビが検索エンジンを認識しても、ディメンション項目 "Keyword unavailable" の下にキーワードグループがないヒット。
リファラーは、検索キーワードとして分類するために、次の両方と一致する必要があります。
  • 参照ドメインは、アドビによって有効な 検索エンジン として認識されます。
  • 参照 URL にキーワードクエリー文字列パラメーターが存在する。キーワードクエリー文字列が存在し、値が含まれない場合、そのキーワード文字列はディメンション項目 "Keyword unavailable" の下にグループ化されます。
有料検索と自然検索を区別したい場合は、 有料検索検知 が必要です。検索キーワードには、複数のディメンションを使用できます。
  • 検索キーワード :有料か自然かに関係なく、サイトに到達するために使用された検索キーワード。
  • 検索キーワード — 有料 :サイトに到達するために使用された検索キーワードで、有料検索検知と一致するもの。
  • 検索キーワード — 自然 :サイトに到達するために使用された検索キーワードで、有料検索検知と一致しなかったもの。

このディメンションへのデータ入力

このディメンションは、Adobe 内部の複数のルックアップテーブルを参照します。各値は、ヒットの リファラー 内部 URL フィルター に依存)に基づきます。リファラーディメンションと内部 URL フィルターが正しく設定されていることを確認します。

ディメンション項目

ディメンション項目には、サイトに到達するために使用される検索キーワードが含まれます。 "Unspecified" ディメンション項目は、すべて検索以外のトラフィックです。