Show Menu
トピック×

マーケティングチャネルレポートで使用される計算指標

Analytics のマーケティングチャネルレポートに計算指標を追加します。
Reports & Analytics で作成された計算指標は、ファーストタッチとラストタッチの計算指標として、マーケティングチャネルレポートで使用することができます。例えば、注文 1 件当たりの平均売上高という計算指標を作成した場合、その指標は「ファーストタッチ注文 1 件当たりの平均売上高」および「ラストタッチ注文 1 件当たりの平均売上高」 First Touch Revenue per Order および Last Touch Revenue per Order
計算指標はマーケティングチャネルレポートから直接作成できます。計算指標を使用すると、ファーストタッチとラストタッチのチャネル指標を比較できるので便利です。例えば、ファーストタッチとラストタッチの売上高の違いを表示できます。

マーケティングチャネルレポートへの計算指標の追加

マーケティングチャネル概要レポートから計算指標を追加します。指標を 4 つまでレポートに追加することができます。
  1. マーケティングチャネル概要レポートを開きます。
  2. レポート内で、「 編集 」をクリックします。
    ファーストタッチまたはラストタッチの詳細レポートを表示している場合は、「 指標の追加 」をクリックして指標を選択します。
  3. 「計算指標」にスクロールし、計算指標をダブルクリックします。
    計算指標が存在しない場合は、「 作成 」をクリックしてこの場所で指標の定義を行います。詳しくは、 計算指標ガイド を参照してください。
  4. 保存 」をクリックします。