Show Menu
トピック×

発生件数

「回数」指標は、特定のディメンションが設定または持続されたヒット数を示します。 Workspaceでディメンションを空白のキャンバスにドラッグすると、Adobeはこの指標を自動的にプロジェクトに適用します。

この指標の計算方法

レポートスイート内のすべてのヒットの中で、ディメンション値が定義または持続するヒットを含めます。 eVars eVar などのディメンションは、設定されたヒットの後も保持される場合があります。 ページ表示 発生件数 回数などの指標は、初期値と持続値の両方をカウントします。 この指標では、永続化された値はカウントされません。

類似の指標と比較

  • 回数と インスタンス : 回数は、ディメンション値が設定または持続されたヒットをカウントします。 ディメンション値が持続するヒットは、インスタンスに含まれません。
  • 回数と ページ表示 : 回数には、ページ表示トラッキングコール( t() )およびリンクトラッキングコール( tl() )を含む、すべてのヒットタイプが含まれます。 ページ表示指標には、ページ表示トラッキングコールのみが含まれ、リンクトラッキングコールは除外されます。