Show Menu
トピック×

単一アクセス

「単一アクセス」指標は、訪問全体でディメンション項目に単一の一意の値のみが含まれていた訪問回数を示します。この指標は、訪問中にどのディメンション項目が停滞しているかを確認したい場合に役立ちます。

この指標の計算方法

この指標は、ディメンション項目に単一の一意の値が含まれている訪問をカウントします。ディメンション項目は、複数回設定することも、永続的に設定し、単一のアクセスとしてカウントすることもできます。ディメンション項目が 2 番目の固有値に変更されると、その訪問は単一ページ訪問の資格を失います。

「単一アクセス」と「単一ページ訪問」の違い

ページ ディメンションのコンテキストでは、「単一アクセス」と「単一ページ訪問」はまったく同じです。他のディメンションを使用すると両者の違いが生じます。
  • 単一アクセス :指定されたディメンション項目が訪問全体で変更されなかった訪問回数を示します。これは、プロジェクトで使用するディメンションに対してコンテキストを持ちます。
  • 単一ページ訪問 :訪問全体で「ページ」ディメンションが変更されなかった訪問回数を示します。レポートで別のディメンションを使用している場合でも、一意の「ページ」ディメンション項目を 1 つ含む訪問回数はカウントされます。
例えば、次の 2 回のヒット訪問の例を考えてみましょう。レポートのディメンションは サイトセクション です。
  • 1 人の訪問者が 2 つのページをヒットしましたが、どちらも同じサイトセクションにあります。サイトセクションは訪問を通して同じ状態に維持されるので、単一アクセスとしてカウントされます。訪問には複数の一意の「ページ」ディメンション項目が含まれるので、「単一ページ訪問」とは見なされません。
  • 訪問者が異なるサイトセクション内の 2 つのページをヒットしましたが、両方のページに同じ名前が付けられています。サイトセクションの値が 2 つ異なるので、訪問は単一アクセスとしてカウントされません。これは、単一の一意の「ページ」ディメンション項目があるので、「単一ページ訪問」としてカウントされます。