Show Menu
トピック×

訪問数

「訪問回数」指標は、サイト上のすべての訪問者のセッション数を示します。

この指標の計算方法

訪問は常に期間と関連付けられているので、サイトに同じ訪問者が戻った場合に新規の訪問としてカウントするかどうかを判断できます。訪問はユーザーが初めてサイトに到達したときに開始します。訪問は、次のいずれかの条件を満たすと終了します。
  • 30 分間の無操作状態 :セッションの大部分はこの状態で終わります。異なるページに移る段階で 30 分が経過すると、新たな訪問が始まります。
  • 12 時間のアクティビティ :12 時間以上、30 分を超える隙間なく常にイメージリクエストを実行した場合、新しい訪問は自動的に開始します。
  • 2500 ヒット :ユーザーが新しいセッションを開始することなく大量のヒットを生成した場合、2500 件のイメージリクエストの後、新規訪問としてカウントされます。
  • 100 秒で 100 ヒット :訪問中に 100 秒以内に 100 件を超えるヒットが記録された場合、訪問は自動的に終了します。この動作は通常、ボットのアクティビティを示します。この制限は、レポートのパフォーマンスを向上させるために適用されます。
上記の条件のため、訪問は必ずしもブラウザーセッションと一致するわけではありません。最も一般的な違いの 1 つは、訪問者がサイトに移動し、タブを 30 分以上開いたまま、その後閲覧を再開する場合です。このアクションは、技術的には同じ閲覧セッションの一部ですが、アドビではこのアクションを 2 回の訪問と見なします。

訪問に影響する動作

訪問者が次のいずれかの操作を実行すると、新しい訪問が発生します。
  • セッション中にキャッシュをクリアし、サイトの閲覧を続行する
  • サイトをタブで 30 分以上開いたまま、閲覧を続行する
  • 別のブラウザーを開き、同じコンピューター上のサイトに移動する
  • 同じ訪問者が異なるデバイスでサイトを閲覧する
訪問者がこれらのいずれかのアクションを実行した場合、連続したヒットの間隔が 30 分未満であれば、新たな訪問は開始​ されません
  • ブラウザーを閉じ、サイトに再度移動する
  • コンピューターを再起動し、同じブラウザーを開いて、サイトに再びアクセスする
  • 別のネットワークへのトランジション(有線ネットワークドッキングステーションから無線ネットワークへの切断など)
  • 複数のタブでサイトを閲覧する -訪問者がタブ間を切り替えたり切り替えたりした場合、各ヒットは同じ訪問の一部としてカウントされます。

訪問の定義の変更

訪問の定義は、30 分以外の時間に変更できます。
  • 仮想レポートスイート の場合、「訪問のタイムアウト」ドロップダウンを使用して訪問のタイムアウトを変更できます。訪問のタイムアウトは任意の妥当な値に変更できます。
  • 標準のレポートスイートについては、カスタマーケアに連絡して、特定のレポートスイートの訪問期間を短縮するようリクエストします。標準レポートスイートの訪問の長さは 30 分を超えないので、短縮することしかできません。

日付の境界をまたぐ訪問

1 回の訪問は、関係する各期間に対してカウントされます。例えば、開始が月曜日の午後 11 時 45 分にサイトをナビゲートし、その後、火曜日の午前 12 時 10 分に最後のイメージリクエストを送信する訪問者がある場合、月曜日と火曜日の両方の訪問と見なされます。ただし、合計訪問回数指標は重複して除外され、プロジェクトの日付範囲で 1 回の訪問が表示されます。

ディメンションでの訪問回数と合計訪問回数

ディメンションのコンテキスト内の訪問( マーケティングチャネルなど )は、特定のディメンション項目を含む訪問の回数をいつでも示します。同じ訪問の異なるヒットに複数のディメンション項目が頻繁に存在します。通常、ディメンション項目に関するレポートの訪問数を合計しようとすると意味がありません。