Show Menu
トピック×

セグメントのベストプラクティス

複雑なセグメントは、多くの場合、必要なデータを取得するために必要です。 複雑なセグメントが非効率で、大きなレポートスイートで使用される場合、レポートの実行にかなり長い時間がかかります。 セグメントを作成または編集する際は、次のリソースを考慮して複雑さを最小限に抑えます。

「次を含む」演算子のみを最後の手段として使用する

「次を含む」演算子は、セグメント化で最も処理量の多い機能の1つです。すべての値の内容全体を分析する必要があります。 目的の値が文字列の先頭または末尾にある場合は、「次の開始」や「次の語句で終わる」などの他の演算子を使用することを検討してください。
セグメント内の「次を含む」演算子が多数の結果を返した場合、通常、レポートはタイムアウトします。 例えば、でセグメントを作成した場合、 Referrer equals "." そのセグメントはすべての値のコンテンツを検索します。 代わりに、「存在する」演算子を使用することを検討してください。

分類を使用してディメンション項目をグループ化する

多くのセグメント条件がある場合、セグメントのパフォーマンスがすぐに低下する可能性があります。 例えば、数百の異なる値を Page equals X or Page equals Y or Page equals Z 繰り返し使用します。 これらの数百もの条件を書き出す代わりに、必要なすべての値を1つのセグメントに分類し、その分類された値を1つのセグメントで使用します。
  1. 操作している変数の分類を作成します。
  2. 分類テンプレートをダウンロードし、目的のスプレッドシートまたはテキストエディターで開きます。
  3. セグメントに含める各ディメンション項目に同じ値を指定します。
  4. 分類インポーターを使用して、スプレッドシートをAdobe Analyticsにインポートし直します
  5. 分類の処理が完了したら、分類された値を使用してセグメントを作成します。
この方法により、パフォーマンスが大幅に向上し、セグメント条件を簡単に変更できます。 異なる値でセグメントを編集する代わりに、分類にディメンション項目を追加したり、分類からディメンション項目を削除したりできます。